群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

インプラント治療の流れ

・診査・インプラントカウンセリング
患者様に合った適切な診断ができるよう、口腔内撮影、X線パノラマ撮影、口腔内模型作製等、
必要な情報を集めます。患者様ごとにカウンセリングを行い、全身状態の把握をします。

・CT精密診断・お見積もり説明
歯科用CT撮影を行い、あごの骨の状態、神経の位置等を確認し、埋入本数、埋入位置、
補綴方法の決定を行います。そこから診療プラン、お見積もりを作成します。手術の予定日を決定します。

・初期治療
インプラントはできる限りきれいな口腔内に埋入することにより、成功率が高まるので、
場合により歯周病や虫歯の治療等を行います。

・術前診断
埋入本数が多い場合は、技工士が作る診断模型をもとに、診断用ステントを作り、
再度パノラマ撮影やCT撮影を行い、埋入位置の誤差を修正していきます。
そして、術前投薬を行い、感染に対するリスクを下げます。

・手術(1次OPE)
数名のスタッフがチームを組んで、手術を行います。必要な画像、
臨床データが用意されたうえで手術が行われます。

・補綴
患者様によっては、歯を失ってからの期間が長く、顎関節の位置のずれが
起きていることも多いです。それにより歯ぎしりやくいしばり等の異常咬合を示す場合もあります。
最終の補綴までは時間をかけて様々な工程をはさみながら作製していきます。

・フォロー・メインテナンス
インプラント治療後は、補綴が終わり終了ではありません。定期的なチェック、
クリーニングが必要です。インプラント体と土台を止めるねじの緩みのチェックやかみ合わせ、
インプラントも歯周病になるので、そうならない様、3か月に1度のPMTCが大切です。

インプラントについて

インプラントとは、従来ブリッジや入歯でしか対応のできなかった歯を失った部位に対し、
天然歯の根の代わりとなる人工歯根を埋め込むことにより、
天然歯とほぼ変わりない噛む力を回復させることができる治療のことです。

インプラント体(人工歯根)は、体になじむチタン製のものを使用しています。
見た目も自然で根本から固定されているので、ブリッジのように両隣の健康な歯を
削るリスクもなく、入れ歯のように口の中で動いてしまい噛み砕くことができない、
話がしにくい、ということもありません。まるで天然の歯があるのと同じように生活ができます。

高齢者のホームケア

こんにちは チーフの奥脇です。

本日は、高齢者のホームケアについてお話します。

80歳になっても20本以上自分の歯で食べたいですね。
しかし、加齢とともに体の細胞の活力は衰えてきます。
加齢とともに現れるお口の中の特徴としては、歯茎が痩せて
、歯が露出したり、唾液の分泌が少なくなったり、筋力が低下したりしてきます。

また悪い菌が増えてきて、肺の中に入ってきて
「誤嚥性肺炎」になる事があります。
誤嚥性肺炎を防ぐには、お口の中をきれいにする事
と飲み込みの練習をする事が必要になってきます。
寝たきり状態の人に対しては適切な医療や介護が必要となってきます。

高齢者こそ、歯や入れ歯のケアが大切になってくると言う事ですね。

成人のホームケア

こんにちは チーフの奥脇です。

本日は、成人のホームケアについてお話します。

歯周病で歯を失うことが増え始めます。
成人の約80%が歯周病にかかっています。
また、以前治した歯が虫歯(二次う蝕)になり、歯を失うこともあります。
丁寧に歯を磨き、定期的に歯科医院でプロフッショナルケアを受けましょう。

また、生活習慣病の発生・進行する時期です。
生活習慣病を改善するためには、食生活の改善・十分な睡眠・
ストレスの軽減・禁煙などがあげられます。
特に女性の場合は、妊娠中や更年期などでホルモンのバランスや
体調が変化するので気をつけましょう。
健康な体を保つ事は、お口の中の健康にもつながります。

学童期のホームケア

こんにちは 奥脇です。

本日は、学童期のホームケアについてお話します。

乳歯が生えそろうと、次は永久歯が出てきます。
永久歯はこれから一生使っていく大切な歯です。
歯が生えかわる期間は、歯並びが不ぞろいだったり、
歯の高さがでこぼこしていたり、歯の上に歯肉がかぶっていたりして、
とてもブラッシングが難しい時期です。
生えてから2、3年は虫歯になりやすいので、特に注意しましょう。

大人のブラッシングと同じですが、仕上げ磨きは
できるだけするようしてあげて下さい。
食生活では、糖分の摂取に注意しましょう。
おやつのダラダラ食いは禁物です。
決められた時間に食べるようにしましょう。
また、炭酸飲料の過剰摂取にも気をつけましょうね。

幼児期のホームケア

こんにちは チーフの奥脇です。

本日は、幼児期のホームケアについてお話しようと思います。

乳歯が生えそろい、永久歯が生え始める大事な時期です。
この時期に虫歯になると痛い、噛めない以外にも永久歯の
咬み合わせにも影響が出てきます。
永久歯をきれいな歯並びにするためにも、乳歯が生え揃う3歳頃を過ぎたら、
お口の中をきれいにする習慣を身につけましょう。

奥歯の咬み合わせの部分は特に注意し、磨きにくい歯と歯の間は
デンタルフロスなどを使用するようにしましょう。
ただまだこの年齢だと自分で磨くのはとても難しいです
。必ず保護者が仕上げ磨きをするようにしましょうね。
また、楽しく磨けるような工夫もしてあげるといいと思います。

また、おやつはダラダラ与えていると、常にお口の中に食べ物が残っている状態に
なってしまうので、必ず時間を決めて与えるようにしましょう。
子供にとってのおやつは、栄養を補う大切な食事の一つです。

甘いお菓子ばかりでなく、果物や野菜を使ったデザート、お茶や牛乳などが良いでしょう。
回数は1日2回まで、食べた後はお口をゆすいだり、歯を磨くようにしましょう。

乳児のホームケア

こんにちは チーフの奥脇です。

本日は、乳児のホームケアについてお話します。

乳歯は生後6ヶ月頃から生え始め、2歳半から3歳ぐらいまでに
上下あわせて20本が生えそろいます。
ブラッシングを開始するまでの授乳や離乳食の後は、
ガーゼや綿棒などでお口の中を拭いてあげましょう。
乳歯が顔を出してきたら、ブラッシングに慣れるようにしましょう。
哺乳瓶でミルクや果汁などをダラダラあげる事も虫歯の原因になります。

スポーツ飲料や野菜ジュースにも糖分が含まれているので注意しましょう。
また、哺乳瓶をくわえたまま眠ってしまうと、より虫歯になりやすくなります。
中身をお茶や湯冷ましにすると良いでしょう。

矯正治療で歯が動く仕組み

こんにちは、歯科医院ラブランドティースの近藤です。

矯正の装置を付けるとどうして歯が動くのでしょうか。
歯はとっても硬く、アゴの骨の中にしっかりと埋まっていて、
歯と骨の間には歯根膜というクッションのような組織があります。
歯へ矯正力を加えると歯根膜が骨に働きかけます。
骨は日々古い細胞が吸収され、新しい細胞へ作り変えられているので、
歯に矯正力が加わると歯の根によって圧迫された側の骨が吸収され、
歯は空いた隙間へ移動します。
そして移動することによってできた隙間には新しい骨が作られ、
結果として歯が移動していくのです。
骨の吸収と再生には人それぞれのペースがあります。
また、歯の移動は1ヶ月におよそ0.5?0.8mmで、
早く動かそうとして急激な大きい力を加えても急に長い距離は動きません。

フクロ歯科および歯科ラブアンドティースの矯正治療では
目立たないブラケットを使った治療
http://www.owl.gr.jp/treatment/02_01.html
裏側を使った見えない装置
http://www.owl.gr.jp/treatment/02_02.html
マウスピースによってストレスをかけない矯正治療
http://www.owl.gr.jp/treatment/02_03.html
などをメインに治療を行っています。

矯正治療について

こんにちは、歯科医院ラブランドティース の近藤です。

歯並びへの意識は国によって大きな違いがあります。特にアメリカでは肥満であると
管理職についけないと言われるほど、自己管理能力が厳しく問われるため、
歯並びも同じように重視される社会的風潮が日本より強くあるます。
日本では昔から八重歯は可愛らしいとい言われてきましたが、
最近では歯並びをきれいにして、見た目を整えたいと矯正治療を希望する人が増えてきました。
でも、矯正することの重要性は見た目を整えるだけではないんですよ。
歯並びを整えることで虫歯や歯槽膿漏を予防し、
さらに咬みあわせを整えることで正常なアゴの発育を助け、
ひいては全身の健康状態を良くすることができるんです。
矯正は見た目の美しさと健康の両方を良い状態へ持っていくために行うものなんですね。

フクロ歯科および歯科ラブアンドティースの矯正治療はできるだけ
目立たずに早く終わる矯正を目指しています。
詳しい内容は
http://www.owl.gr.jp/ortho.html
などからどうぞ!!

歯並びについて

こんにちは、群馬県前橋市
歯科医院ラブランドティース の近藤です。

皆さんは生きていくために、毎日食べ物を食べますね。
歯はそのためにとても大切です。野生動物は歯を失ったら生きられません。
噛むことは生きるために必要な事なのです。
食べ物を噛む「咀嚼(そしゃく)」は消化の第一段階です。
人は噛み切るための前歯と、すり潰すための奥歯を持っています。
これらがアゴの関節や舌などの筋肉の動きとスムーズに連動した「咀嚼」を行うには、
歯がきれいに並んでいる必要があります。
しっかりと噛むことは胃腸での消化を助けます。
幼い頃から歯並びへの意識を高め、食べたものをよく噛む習慣をつけることが大切です。
また、歯には食べ物を食べること以外にも色々な役目があります。
咬みあわせが悪いと頭痛や肩こりなどの原因となることがあるだけでなく、背骨の歪みによっては
お顔の印象が大きく変わることもあり、そこから劣等感を持つようなことになれば、
心にも影響を与えることになるのです。
このように歯にはとても重要な役割があり、きれいな歯並びは、
心も体も健康にしてくれると言ってもいいでしょう。

フクロ歯科および歯科ラブアンドティースの矯正治療は植木亮和が担当しています。
詳しい内容は
http://www.owl.gr.jp/ortho.html
などからどうぞ!!

前の10件2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からのお便り フクロウ新聞 Love&Teeth maebashi-implant FIDO FIDO youtube 診療予約
ページの先頭へ