医療法人晃仁会 フクロ歯科医院

診療時間9:00-19:00

木曜のみ9:00-15:00(不定休) 日曜・祝日休診

0120-998-418

027-231-5320

ホワイトニングの種類について

▶ホワイトニング治療

ホワイトニングとは、歯の着色(エナメル質についた有機物)を専用の機器や薬剤を使用して漂白する治療です。大きく分けて、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、デュアルホワイトニング、セルフホワイトニングがあります。

▶ホワイトニング種類

1. オフィスホワイトニング
歯科医院で行う治療です。手順は、まず歯肉を専用の薬剤で保護をします。その後、歯にホワイトニングの薬剤を塗布します。そして、LEDライトを照射することで、歯の着色を漂白していきます。白さには個人差がありますが、一回の治療で、施術前に比べて平均で2~3トーンは白くなります。即効性がありますが、持続性はやや低いです。(半年程度)
2. ホームホワイトニング

ご自宅で行う治療です。手順は、まず型取りをしてホワイトニング用のマウスピースを作ります。その後マウスピースにホワイトニングの薬剤を入れて、夜寝る前に2時間程度、毎日装着することで徐々に白くなっていきます。オフィスホワイトニングと比べて効果がでるのはゆっくりですが、毎日行うため持続性は高いです。

3. デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行う治療です。お互いのデメリットを補い合うので一番効果が期待できます。

4. セルフホワイトニング

歯科医院で行う治療ではなくサロンなどで行う美容行為です。よって、薬事法により歯科医院で取り扱う薬剤(過酸化水素)が使用できないため効果は出にくいですが、この中では一番料金は安くすみます。施術は、基本的には自分で行います。

歯の変色について

印象を変える⻭の色

印象を大きく左右する⻭の色。白い⻭は、歳を重ねると保つのが難しくなってきます。⻭はなぜ変色してしまうのでしょうか?

なぜ⻭の色が変わるのか?

⻭の変色には様々な要素が関係していますが、その原因は大きく分けて2つに分類されます。一つは、⻭の外側から着色する外因性のもの。もう一つは、⻭の内側から変色する内因性のものです。

外因性の変色とは

例えば、毎日口にする飲食物の色素により、色が変わってしまう場合。一般的に「ステイン」と呼ばれています。特に、コーヒー・お茶・赤ワインのようなタンニンや、カレー・ケチャップのような色素の濃いものは⻭に着色しやすい傾向があります。タバコのヤニによるものも、外因性の着色と言えます。タバコには、タール(ヤニ)が含まれ、これが⻭にべったりとこびり付きます。ステインより厄介で、とても取りにくいのが特徴です。また、薬などによる着色もあります。「グ  ルコン酸クロルヘキシジン」を含む洗口剤は、⻑期間使用することにより、⻭に着色を起こすことがあります。

内因性の変色とは

例えば加齢によるもの。加齢とともに⻭が変色する理由は2つあります。

まず一つ目に象牙質の厚みが増すこと。象牙質とは、⻭のエナメル質の内側にあり、⻩色っぽい色をしています。そのため、厚くなればなるほど、⻭が⻩色っぽくなります。次に、エナメル質の減少。エナメル質は年齢を重ねるにつれてだんだんと薄くなっていきます。すると内側にある象牙質が見えてきてしまい、⻩色っぽく見えるようになります。

 

⻭の変色への対策

それでは、変色させないためにはどうすれば良いのでしょうか?

飲食物に気をつける

先ほど挙げた色の濃い食べ物に気をつけましょう。それだけでずいぶんと違います。

タバコを控える

厄介なヤニを含むタバコの本数を減らしたり、これを機に禁煙するのもおすすめです。

唾液を出すようにする

唾液には口の中を洗ってくれる効果があります。よく噛むと唾液の分泌を促すことができるため、ガムを噛むのも良いでしょう。また、口呼吸をしている人は、口の中が乾いて着色しやすくなります。できるだけ鼻呼吸を心がけましょう。

クリーニング(PMTC)を定期的に受ける

⻭のクリーニングを定期的に受けることで、⻭に負担をかけず着色を落とすことができます。また、クリーニングすることで、⻭の表面が滑らかになり、着色しにくくなります。

 

白い⻭で生き生きと!

白い⻭は、明るい印象を与え、皆さんをより一層輝かせます。⻭が変色する原因を知り、対策することで、いつまでも白い⻭で生き生きとした生活を送りましょう!!