群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

インプラント歯周炎とは

インプラントは虫歯にはなりませんが、プラーク(歯垢)が付着することで

周囲の歯茎が炎症を起こして歯周病になってしまうことがあります。
これを、インプラント周囲炎と言います。

インプラント周囲炎になると、歯周病と同様、次第にあごの骨が溶け、
最終的にはインプラントを失うことになってしまいます。
そのため、インプラント治療後はメインテナンスがとても大切です。
インプラントは人口歯なので虫歯になることはありませんが、
毎日のブラッシングと歯科医院での定期的なチェックという
正しいメインテナンスをしっかりと続ければ長年にわたって使用できます。

1回法と2回法の違い

インプラント治療には、1回法と2回法という2種類の方法があります。

<1回法>
インプラントをあごの骨に埋め込んだ後、口腔内に露出させる方法です。
インプラントを埋め込んだ後、ヒーリングアバットメントという仮の
アバットメント(支台)を取り付けて頭を出しておきます。
インプラントと骨が完全に結合するまで数か月待ちます。
骨との結合が確認できたら、ヒーリングアバットメントを外し、
人口歯の支台となるアバットメントを装着します。
手術が1回で済むので負担は少ないですが、
骨の高さや厚さが不足している場合には、感染のリスクが高くなります。
骨が十分ある方向けの方法です。

<2回法>
インプラントを埋め込んだ後、歯茎を閉じ、インプラントと骨がつくのを待ってから、
もう1度歯茎を切開して、人口歯と連結するアバットメントを取り付ける方法です。
手間はかかりますが、感染リスクは少なく安全な方法といえます。
骨が足りないかたや前歯など審美性にこだわる方にはこちらの方法が向いています。
インプラント体を荷重をかけずに粘膜下に置いておくことにより
骨とより強く結合することができるため、成功率が高いと言われます。

インプラントのメリット・デメリット(ブリッジ、部分入れ歯との比較)

■インプラントのメリット
・安定したかみ合わせを長期間保つことが可能
・失った葉の数が多くてもかみ合わせの力(咀嚼力)回復が可能
・自分の歯に近い外観が可能
・自然の歯に近い機能が期待できる
・歯を失った箇所はあごの骨の成分が自然に減るが咀嚼の刺激が衰退を防止
・適切なケアにより長持ちする
・抜け落ちてもやり直しが容易

■インプラントのデメリット
・治療期間が比較的長期
・手術になるので少数だが適応とならないケースもある
・比較的費用がかかる
部分入れ歯のメリット
・短期間使用で見た場合、咀嚼機能をある程度回復可能
・短期間で咀嚼機能回復が可能
・健康な歯で支えるなどの必要がない
部分入れ歯のデメリット
・入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい
・変化する行内環境に合わせるため数年毎作り変えか、調整が必要
・適切なかみ合わせであっても長期間は維持できない
・装着時の違和感を感じやすい
・自然な歯の外観を維持しにくい

■ブリッジのメリット
・自然の歯と同じような外観を回復することができる
・自分の歯と同じように咀嚼することができる
・かみ合わせを回復することができる
・歯列の安定したつながりを回復することができる

■ブリッジのデメリット
・対象となる位置の両側にしっかりとした歯がないと適合できない
・失った歯の数が多いと処置不可
・土台となる歯を削る必要がある
・土台となる歯にかむ力が余計にかかるうえ、清掃性が悪くなるため、
損の歯を喪失する危険性が増加
・景観の回復上セラミックが優れるが保険適応ではない
・インプラントより長持ちしない(平均7?8年)
・土台の歯にもし問題が発見されると、やり直しが必要

OPEの流れ

まず最初に歯科衛生士が口腔内のブラッシングを行います。
細かいところまで汚れを落とすことによって、口腔内の細菌数を減らします。

?次に手術部位に麻酔をしていきます。麻酔科医による鎮静を行う場合は、
そちらを行ってから、述部に麻酔をしていきます。術中は粘膜を切開するため出血も多くなります。
血液から麻酔が流れてしまいやすくなるため術中にも麻酔を行います。

?口腔内、口唇周りの消毒を行います。術中はドクター、アシストは滅菌着を着用し、
器具も滅菌されたものを使用し、完全滅菌下で行われるため、術部も同様に消毒を行います。
消毒後は手で顔や口周りを触ることはできません。

?麻酔が効いたのを確認し、手術が始まります。事前に撮影したりパノラマレントゲン、
CTを確認しながらインプラント体を埋入する位置決めを行い、ドリルで穴をあけていきます。
長さ、太さを確認しながら、インプラント体を埋入していきます。

?手術終了後、正しい位置にきちんと埋入されたか確認のパノラマレントゲンを撮影します。
その後はオペ室から診療室へ移動していただき、手術後の消毒、術後説明を行います。

義歯安定剤ってどんな種類が・・・

こんにちは 体重計に乗るのが恐い 
前橋フクロ歯科医院 チーフの奥脇で?す

義歯安定剤は大きく分けて2種類あります
1つはネバネバした粘着タイプの物です
お口の中に入れる前はクリーム状だったり、
粉末だったりしていますが、
お口の中に入れると唾液と反応して粘着性の強いのりみたいになります。
食事をしている時や会話をしている時に外れてしまう方には、
強い味方ですね ただ基本的にはのりなので、
あまりに適合が悪い義歯に使用しても、
効果が無いかも知れません
あともう一つは、ゴムのようなクッションタイプのものです。
粘着性はそれほどありませんが、義歯の粘膜面に塗って咬み合わせると、
伸びて義歯と粘膜の隙間を埋めます。
適合の悪い義歯に使用した場合にもそれなりに効果を発揮します。

大人の矯正について

こんにちは。歯科医院ラブアンドティース近藤です。

今回は大人の矯正についてのお話です。
矯正治療というと子供がするものというイメージがありますが、
実は50歳を過ぎても矯正治療を行うことは可能です。

ただ成人以降(年を重ねる程特に)は子供と比較すると
歯の移動速度が遅くなり、トータルの治療期間が長くなります。
しかし、成長が停止していることがほとんどですので、
あごの予想外の成長などのリスクがないため、
治療内容(歯の移動計画)が立てやすいというメリットもあります。

歯並びが悪いと将来歯を失うことになる確率が高くなるのは
事実ですので、今さらなどと思わずに受診することをお勧めします。

子供の矯正について【4】

こんにちは。歯科医院ラブアンドティース近藤です。

今回は早めに矯正治療を開始した方がいいケースについてのお話です。
経過観察で様子を見る場合も多い小児矯正ですが、
次のような症状があれば早いうちに矯正の先生に相談することをお勧めします。

・顔が左右非対称である
・口をあけていることが多い
・飲み込むとき下あごを突き出して顔を上げる
・食事時間がほかの子供より長い
・あごの関節から音がする
・口を大きく開けられない
・話すときに歯の間から舌が見える

必ずしもすぐに治療が必要な場合とは限りませんが、
治療法の選択肢の多いうちに相談することが大切ですね。

子供の矯正について【3】

こんにちは。歯科医院ラブアンドティース近藤です。

今回は、小児矯正の2段階治療についてのお話です。
小児矯正にはあごの骨の大きさやバランスを調整する第?期治療(骨格矯正)と、
歯の位置を整える第?期治療治療(歯列矯正)があります。

?期ではあごの骨を取り外しのできるプレート装置で拡大したり、
ブロックのような装置でバランスを整えたりします。
あごの骨が柔らかく、成長過程のために可能になるのです。

?期では、歯並びを美しく整えるため、ワイヤーによる矯正治療を行います。

?期の治療で永久歯の生えるスペースがきちんと確保できれば、
?期の治療が不要になる場合もあります。

子供の矯正について【2】

こんにちは。歯科医院ラブアンドティースの近藤です。

今回は、定期検査を受けるのに適した時期についてのお話です。

・3才
乳歯の歯並びが出来上がる時期です。
3才児検診で不正咬合を指摘されて受診される方がいらっしゃいます。
矯正治療を開始しなければならない症例はほとんどありませんが、
反対咬合(受け口)のみ、治療を開始する場合もあります。

・6才
6才臼歯という最初の永久歯が生える頃です。
早い方では矯正治療を始めることがあります。
あごの骨が成長してくる時期です。

・9才
混合歯列期といって永久歯と乳歯が混在しています。
第?期治療(骨格矯正)の時期です。
成長を利用して正しい歯並びに誘導します。

・12才
永久歯列期と呼ばれる時期です。
第?期治療(歯列矯正)の時期です。
骨格が大体完成しているため限られたスペースの中での
歯並びの調整となります。

子供の矯正について【1】

こんにちは。歯科医院ラブアンドティースの近藤です。

今回は子供の矯正についてのお話です。
子供の矯正は大人のそれと違い成長に合わせて
あごの骨の問題を矯正することができます。
あごの拡大が可能なため、歯を抜かないで治療できる症例も多いです。

治療を開始する時期についてですが、
早期発見は大事であっても早期治療は不必要な場合もあります。
親知らずによる歯並びの乱れを防ぐために、
親知らずが生える18歳まで担当の先生に定期的にチェックしてもらうのがよいでしょう。

次回は、定期検査をお勧めする時期のお話です。
どうぞご参考に...。

前の10件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からの声 フクロウ新聞 Love&Teeth whitening youtube implant 診療予約
ページの先頭へ