群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

小児マウスピース矯正とは

現代の子供たちは、口の周りの筋肉が衰えていて歯並びが悪くなっています。それにともない間違った舌の位置や口呼吸、異常な飲み込みのような筋機能癖が発生します。そのまま放っておくと正常な歯並びの発達の妨げになります。このマウスピース矯正を行うことで、歯並び全体を平均的な並び方に誘導し、あごの発育の促進や舌の正しい位置を自覚していきます。

お家で出来る簡単な歯磨き方法

磨き残しをしない為に、お家で歯を磨くときに注意したほうがいいことをご紹介します。
①歯ブラシを細かく動かしながら、表側・裏側両方とも1本1本磨くイメージ!この時力を入れてごしごし磨かない。できれば鏡を見ながら磨きましょう。
②フロス(糸ようじ)を使い、歯と歯のすき間に通して細かい汚れを落とします。
③ぶくぶくうがいをしたらおしまい。
※磨き残しができやすい部分は
・奥歯
・歯と歯の間
・歯と歯茎の境目
です。
以上の場所は念入りに磨きましょう!

SPT2

歯周病が進行している方に行うメンテナンスです。
歯周病が進行している方は歯を支えている骨が吸収してしまうことで歯がブラブラになったり、歯ぐきからの出血があったり、歯周ポケットの深いところに歯石がついてしまったりします。
SPT1と違って毎月歯肉の検査をしながら、私たち衛生士が歯ブラシや専門的な機械を使って定期的にクリーニングをします。
1回吸収してしまった骨は元には戻りません。
歯周病を進行させない!現状維持!させるためにこのメンテナンスをおすすめしています。

SPT1

SPT1とは歯周病が軽度の方に行うメンテナンスです。
基本的には毎月行うことは主に「歯ブラシ」です。ご自身でも毎日のケアとして歯磨きされると思いますが、しっかり磨いているのに茶渋や歯石が気になるなど、どうしても磨ききれないところがあると思います。
そんな場所を私たち専門のスタッフが隅々まで綺麗にブラッシングさせて頂いております。
その方法として、歯ブラシやフロス・歯間ブラシを使って、歯に付着しているプラークを落とします。
ペーストを使って歯の表面を研磨し、着色が気になる方は着色を落としたり、超音波の舌ブラシで舌のケアもします。
また、歯石がついているかたは、超音波の機械を使って歯石を除去します。

歯周メンテナンスSPT

歯周ポケットとは、歯と歯茎の隙間のことで、検査して深さや出血の有無・歯の動揺度を測ります。1から3㎜の方は正常、4㎜以上の方は歯周病と判断され、メンテナンスをおすすめしています。
歯周病の進行を防ぐために自分でできるケアは毎日の歯磨きです。
歯科医院で歯石除去やクリーニングをしても、ご家庭での歯磨き方法が誤っていると歯周病が進行してしまいます。
それを防ぐために当院ではSPTというメンテナンスを行っています。

前の10件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からの声 フクロウ新聞 Love&Teeth whitening youtube implant 診療予約
ページの先頭へ