群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

矯正治療中には細菌が増える

こんにちは 前橋フクロ歯科医院
の歯科衛生士です!!

矯正治療でお口の中に装置が入るととても磨きにくくなります
(実は私も矯正治療の経験者なのでよくわかります)
そのため汚れが残り、細菌の栄養源になってしまい
通常の2?5倍に増えてしまいます。
そのため1日3回の歯ブラシが大切になってきます。
(装置のない方には1日2回のブラッシングで充分ですが、
装置があるかたは特別なんです)
歯磨き粉はあまりつけすぎず、ゴシゴシは磨かず、軽い力で磨いてください。
歯ブラシの持ち方を鉛筆持ちで握るようにすると軽い力で使えるようになります。

歯磨き粉の付け方などは
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_09.html

むし歯の原因は
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_07.html

などで詳しくご説明しています。

補助的な歯磨き(歯間ブラシ、フロス、タフト)

こんにちは 前橋フクロ歯科医院
の歯科衛生士です!!

歯間ブラシは隙間のあいた所を磨くのに適しています。そのため
ワイヤーの下などを磨くときに使うと便利です。
実は前歯の歯間に使うことは歯肉がさがるためあまりオススメしていません。

フロスは糸ようじという名前の場合もありますが、歯と歯の間を磨くのに適しており
矯正治療中の場合には間が装置で通せない場合は使えないかもしれません。
バンドある歯に使うときも場合によっては糸がきれてしまうことがあります。

最後はタフトと呼ばれる毛先がまとまった小さな歯ブラシです。小さめなので
通常の歯ブラシがあたりづらい場所を磨くのに適してます。

美しい歯並びと同時にむし歯や歯周病のない健康な歯を目指して頑張りましょう


フクロ歯科では、矯正治療だけでなくいろいろな状態に合わせた
プロが選んだ歯ブラシをご用意しています。

またそれらをご紹介するためにも歯科衛生士が時間をお取りして
メインテンナンスを行っています。
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_02.html

さらに健康と同時に白い歯の美しさもご説明いたします。
http://www.owl.gr.jp/whitening.html

歯磨き粉について

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の
マダム板垣です!!

歯磨き粉はプラーク除去の際にはあまり重要ではありません。
歯ブラシの毛先の弾力によってプラークを落とすので
歯磨き粉はあってもなくても大丈夫なのです。

逆に歯磨きを付けすぎると 
泡のためにじっくり磨けなかったり、
実際は磨けていないのに磨けたような錯覚に
陥ることがあります。
研磨剤のために、歯や歯ぐきが擦り減る原因にも
なりますので注意が必要です。

歯磨き粉のフッ素成分などはもちろん
むし歯予防には効果的ですから
フッ素入りで研磨剤の少ない製品をオススメしています。
使用量もほんの少量で(お米粒一粒分くらい)で十分です。

歯ブラシの持ち方

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の
マダム板垣です!!

歯ブラシは握りこまず鉛筆を持つようにして
力をいれず、ゆったりと持ちましょう
力強く握ってしまうと磨き方が大まかになるばかりか
不必要に力が強くなり、歯や歯ぐきを傷つけますので
注意しましょう。
歯ブラシの毛先を広げる原因にもなります。
持ち方ひとつで磨き方にも差が出てきます。

また当てる角度は歯に対してヘッドの部分を45度に
大きく動かすと汚れは逆に落ちにくくなります
(爪の付け根についた粉を落としてみて下さい)。
大きなストロークでは、掻き出す力がないのです。

歯ブラシによるむし歯予防については
歯ブラシによるむし歯予防
で詳しくご説明しています。

歯周病予防における歯ブラシについては
PMTC以外の歯周病予防
でご説明しています。

歯ブラシの交換の目安

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の
マダム板垣です!!

歯ブラシを交換するタイミングとしては、
毎日朝・昼・晩きちんと磨いた
場合でも約1ヶ月くらいをめどにすると良いでしょう。
歯ブラシの裏側から見て毛が外に
はみ出していたら寿命と考えて下さい。
毛先の開いたブラシでは確実に歯に当てることが困難になり
プラークを落とすことができません。
歯ブラシの価格は100?300円ぐらいです。
1ヶ月に1本なら
年間を通じても4000円はかかりません。
歯の健康のためにも新しい歯ブラシで
プラーク除去を行いましょう!!

歯ブラシによるむし歯予防については
歯ブラシによるむし歯予防
で詳しくご説明しています。

歯周病予防における歯ブラシについては
PMTC以外の歯周病予防
でご説明しています。

歯ブラシの選び方

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の
マダム板垣です!!

歯ブラシのヘッド(歯ブラシの毛がついている部分)は小さめの
ものを選びましょう。

お口の中は狭いので、
小回りのきくタイプが使いやすいです。
歯ブラシの毛の材質は衛生面などから見てナイロン製
普通よりやや柔らかめの硬さのブラシから
始めてみてはどうでしょうか?
上手になった方は力の加減がわかりますから
やや硬めでもけっこうですが、
あまり硬すぎるブラシは少しでも力を入れすぎたときに
歯や歯ぐきを傷つけることがあるので避けましょう!!

歯ブラシによるむし歯予防については
歯ブラシによるむし歯予防
で詳しくご説明しています。

歯周病予防における歯ブラシについては
PMTC以外の歯周病予防でご説明しています。
PMTC以外の歯周病予防
で詳しくご説明しています。

歯磨きの目的

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の
マダム板垣です!!

歯磨きの目的とは?
むし歯や歯周病の原因になる歯垢(プラーク)を取り除くこと。
そして歯肉をマッサージすることです。

プラーク(歯垢)とは?
食べかすではなく、歯の表面にネバネバと付着する最近のかたまり
プラーク1g中には約1?3兆個Mの最近が含まれています。
毎日プラークを隅々までしっかり除去することによって
むし歯や歯周病を予防していきましょう。

ただし現在の研究では
歯ブラシだけでは取りきれない汚れがあるこことも
解っています。
その時には私たち歯科衛生士がお手伝いいたします。

歯ブラシによるむし歯予防については
歯ブラシによるむし歯予防
で詳しくご説明しています。

歯周病予防における歯ブラシについては
PMTC以外の歯周病予防
で詳しくご説明しています。


自分でできる口臭ケア

前橋フクロ歯科医院 
の歯科衛生士です!!

・洗口液でゆすぐ
殺菌作用のある薬用洗口液を使用します。

・専用の器具 舌ブラシを使用

舌の表面に堆積したカタマリ(舌苔)を取り除くには
ブラシで掻き出す必要があります。
しかし歯ブラシでは強すぎてしまい、舌を傷つけてしまうので
舌を傷つけないためにも、専用のブラシを使用してください。

・唾液を出す
唾液の減少により口臭が強くなるので
キシリトールのガムなどを咬むことにより、
唾液を出して口臭を予防します。
キシリトールはむし歯の原因にならないので
むし歯予防にもなりますよ!!

唾液を守ることはむし歯の予防になります。

詳しくは
むし歯の原因
でご説明しています。

口臭の原因・治療

前橋フクロ歯科医院 
の歯科衛生士です!!

口臭の原因のほとんどが口の中にあります。
歯周病による歯肉からの出血やウミ、
むし歯の穴に詰まった食べカスの腐敗臭
舌の表面にこびりついた頑固な細菌のカタマリ=舌苔
そしてドライマウスなど・・・
様々な要因が重なって、引き起こされると考えられます。

歯周病、むし歯がある人はまずその治療を
きちんと行うことが先決です。
その他にも手軽に自分でできるケアを取り入れることが
大切になってきます。
まずは歯科医院でみてもらいましょう。

口臭治療は主に歯科医院ラブアンドティースで拝見しています。
歯科医院 ラブアンドティース

口臭について

前橋フクロ歯科医院
の歯科衛生士です!!

口臭は誰もが気になりますね!
実は口臭は誰にも多少はあります。
個人個人に体臭があるのと同じなんです。
あまり気にしすぎるのは良くないのですが、
気にしなすぎるのも考えちゃいますね。
他人に不快感を与えないように、
口の中をいつも清潔に保つ心がけはとても大切です。
病気が原因になって口臭が発生している場合(歯周病)は
早めに治療を受ける必要があります。
まずは検診に行きましょう。

治療の流れについては
フクロ歯科医院の治療の流れ
でご説明しています。

口臭治療は主に歯科医院ラブアンドティースで拝見しています。
歯科医院 ラブアンドティース

前の10件7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 17  18

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からのお便り フクロウ新聞 Love&Teeth maebashi-implant whitening youtube implant 診療予約
ページの先頭へ