群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

親知らずの抜歯は大変?

フクロ歯科衛生士の 高橋です。

上の親知らずの抜歯は、数分で終わる場合が多く
予後の腫れも少ないですが、位置が奥の方であったり、
骨の中に隠れてしまっているような場合は、時間が
かかり腫れることもあります。


下の親知らずは、上に比べると骨が硬くてがっちり
しています。斜めや真横に向いている場合が多く、
そんな時は歯の真中を細かく分割して抜くことになります。
特に親知らずの歯の根が曲がっていたり、骨とくっ付いて
いたりすると抜くのに1時間くらいかかることもあります。

下あごの骨の中に大きな神経と血管が通っていて、親知らずの
根の先がその管に非常に近くにある場合も多く、触れてしまうと
稀に下唇の麻痺が残る方もいるので、
場合によってはCTをとるなど
管を傷つけないよう細心の注意が必要です。

インプラント治療の流れでCTをご説明しています。
http://www.gunma-imp.com/gunma_diagnosis/gunma_diagnosis2.html

抜いた方が良い親知らずとは?

フクロ歯科 歯科衛生士の 高橋です。

? ハブラシが届かず、親知らずと手前の歯両方が虫歯になっている場合
  
? 物が挟まりやすく、親知らずの手前の歯が虫歯になりやすいとき

? 親知らずが斜めや横を向いて生えている場合

? 親知らずが全体の歯並びを乱したり、隣の歯を圧迫している場合
  
? 歯茎が被っていて、繰り返し腫れてしまう場合
  (1度腫れると少し時間をおいてから再び腫れることがあります)

? 虫歯が大きく、治療の器具が入らない場合

? 上か下かいずれか片方しか生えていない場合
  (咬み合わせる歯がないと歯が伸びだして
  頬や歯肉を咬んで傷をつけてしまったり
  かみ合わせに大きく影響したりして顎の関節に負担をかけます) 

以上のような場合は、歯科医師と十分相談して抜歯を考えて下さいね。

顎の関節については顎関節症で説明しています。
http://www.owl.gr.jp/treatment/07.html

親知らずが気になる。抜いた方がいいの?

フクロ歯科衛生士の 高橋です。

子供の頃から柔らかいものばかりを食べがちな現代人の食事。
そのため、あごが発達せず、歯が生えてくるスペースが狭く、
歯の一部だけしか出ないこともあります。斜めや横に向かって
生えてしまう場合が多く、骨の中に埋まったまま生えて
こないこともあります。歯磨きしにくい場所なので様々な
歯のトラブルをひき起こす原因になっています。
下顎では、斜めになったり、真横(水平埋伏智歯)を向いて
生えている歯が多く、上顎では歯並びからはずれて外側を
向いた歯が多いようです。

真っすぐに生えていて、上・下がしっかり噛み合い、
しかもきちんと磨けている健康な親知らずの場合は、
勿論抜く必要はありません。

歯ブラシによるむし歯予防については
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_09.html
歯周病の原因については
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_01.html
でご説明しています。

親知らずとは

フクロ歯科 歯科衛生士のマコチャンこと高橋です。

親知らずは第3大臼歯のことで、前のまん中から数えて
8番目の歯のことです。智歯とも言います。

この歯は生える時期が極端に遅く、もう親に知られることなく
生えてくることからこの呼び名がついたと言われています。
16?23歳頃に生えてくることが多いのですが、40歳代になって
やっと生えることもあります。
18歳から20歳ぐらいで何らかの問題を引き起こすことが多く、
抜かなくてはならないケースも多い歯です。

他の歯から遅れて生えてくるために、生え方が不自然だったり、
虫歯にかかりやすいというのも事実です。
人によっては、左右上下揃えば4本ある親知らずのうち
まったくない人から、全部ある人まで様々です。

半分、あるいは全部埋もれている親知らずを抜くには、
口腔外科の基本的技術が必要となります。
すべての歯科医院で抜いてもらえるとは限りません。

むし歯のリスクについて
「予防歯科」で説明しています。
http://www.owl.gr.jp/prevention.html

お口の中をきれいに保つ

こんにちは群馬県前橋市 フクロ歯科医院 
歯科衛生士の茂木です!

お口の中が不衛生だと細菌数も増え、
産生される揮発性ガスの量も多くなるため
口臭がきつくなってしまいます。
対策としては歯を磨くことですが、
ここで重要なのは1日1回は、
徹底的に歯を磨く習慣をつけることです。
歯ブラシでは届かない場所には、
小さめの歯ブラシを使ったり、
歯と歯の間には、デンタルフロスや歯間ブラシを使うことで、
汚れ(プラーク)をしっかり落とすことができます。
舌苔ももちろん口臭の原因となるので
汚れを取るのは大切です。
ただしあまり神経質になって磨きすぎると
舌の表面をきづつけるので軽く行うようにしてください。

定期的な予防として歯科衛生士によるPMTCを
オススメしています。
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_02.html

歯周病にはサプリメントが効果あり?

前橋フクロ歯科医院

歯科衛生士の茂木です。

なぜ歯周病においてもサプリメントが必要なのかご存じですか?
歯周病により食事がよく噛み切れない状態の方は、1・2回の食事でを
しただけでは特に変わりはないですが、
2〜3年と経過するとビタミン、ミネラル、
食物繊維などの摂取量が激減しているのです。

また常に歯の状態に合わせて栄養の摂取状況が変わるため、
通常の食事だけでは栄養が摂取できなかったり、
バランスの良い食事がとれなかったりしてしまいがちです。

さらに正常な歯肉をお持ちの方よりも生活習慣病にかかりやすいため、
サプリメントの摂取は、その予防として体調や食習慣を整えるのに
とても効果があります。

しかしサプリメントはただ飲めば良いというものではなく、ビタミンや歯周病の
殺菌作用がある製剤などを飲む場合は、きちんと医師に相談するのが一番ですし
歯磨きなどをきちんと実施した上でのさらなる予防策として試みるのがよいでしょう!

ご家庭でのサプリメント療法については
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_04.html

サプリメントを持ちいて効果的に歯周病を治すスピード歯周病治療については
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_05.html
をご覧ください。

口臭予防に(唾液の量を増やす)

こんにちは群馬県前橋市 フクロ歯科医院 
歯科衛生士の茂木です!

唾液には洗浄、殺菌作用があり、
揮発性ガスを産生する細菌の増殖を抑制します。
またお口の中が唾液で潤っていると
揮発性ガスが放散するのを防ぎ、
口臭を予防することができます。

唾液の量を増やす方法としては
水分をこまめに補給したり、
よく咬んで食事をする等の方法があります。
他にも舌の裏側の付け根あたりを
舌の先で刺激することもよい方法です。
付け根に唾液の出る穴があり、
そこを刺激することで、量を増やすことができます。
もちろんガムを咬むのも良い方法です。
(砂糖の入っているガムはむし歯になりますから
できればキシリトール100%のガムでお願いします)
唾液の量が増えると、口臭予防だけでなく、
むし歯や歯周病にも予防効果があるので
ぜひ一度試してみてください。

口臭を予防していきたい方はコチラ
歯科ラブアンドティース
http://www.loveandteeth.com/
までご連絡ください

口臭の原因について

こんにちは群馬県前橋市 フクロ歯科医院 
歯科衛生士の茂木です!


口臭の原因には様々なものがありますが、
その多く90%はお口の中の細菌が産生する
「揮発性ガス」というものです。
この「揮発性ガス」を抑えるためには「唾液の量を増やすこと」と
「お口をキレイに保つこと」が特に重要になってきます。
その他にもむし歯や歯周病、
全身的な病気等も口臭の原因となってきます。
また実際には口臭が感じられないのに、
本人が気にしすぎてしまい口臭を感じてしまう
「自臭症」もかなりの割合で見られます。

皆さんはどんなときに口臭が気になりますか?
朝起きたときが、一番気になるのではないでしょうか?
これは寝ている間は唾液の量が少なくなるため、
口臭を感じやすくなるからです。
その他にも体調不良時、ストレスを感じている時、
緊張時、薬の副作用、口呼吸などでも
唾液の量が減り、口臭がきつくなってしまうのです。

まずは口臭の原因についてしっかり理解し、
正しい予防方法を身につけていきましょう

口臭について気になる方は
歯科ラブアンドティース
http://www.loveandteeth.com/
ご連絡ください

口臭について

こんにちは群馬県前橋市 フクロ歯科医院 
歯科衛生士の茂木です!

皆さん口臭に悩まされたことはありますか?
口臭は特別な物ではなく、
生きている人なら誰しも必ず感じるものです。
しかしその程度には個人差があり、
きつい人もいれば、それほど感じないという人もいます。
ですから口臭に対する対する知識と対策を身につけて
「さわやかな息」を手に入れましょう!

さわやかな息を手に入れたい方はコチラ
歯科ラブアンドティース
http://www.loveandteeth.com/
までご連絡ください

歯並び

こんにちは 袋歯科 衛生士のマダム板垣です。

歯並びが悪いときちんと磨ききれない所が多くなり
むし歯や歯周病になりやすくなります。
またかみ合わせも悪くなりますから
よく咬めずに胃腸などの消化器系の病気にもかかりやすくなったり
顎の発達や骨格の形成にも影響を及ぼし、
身体のバランスを欠き様々な疾病の要因となり得ます。
悪い歯並びは確かに遺伝による影響も大きいです。
しかし生まれてからの生活習慣も大いに関係してきます。
たとえば柔らかいものばかり食べて顎が発達不良になったり
指しゃぶりや舌の癖、頬づえなどの
悪い姿勢、鼻の病気などもあげられれます。
むし歯の治療をせず、放置したために
永久歯の生え替わり時の障害を引き起こすことも多く見られます。
子供の歯並びの将来を決めるのはまさに周囲の大人の責任となるのです。

小児矯正治療について興味のある方はお早めに専門医の
診断をうけることをオススメしています。
http://www.owl.gr.jp/treatment/02_04.html

前の10件6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からのお便り フクロウ新聞 Love&Teeth maebashi-implant whitening youtube implant 診療予約
ページの先頭へ