群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

歯の変色について(2)外部からの着色

こんにちは歯科医院ラブアンドティーススタッフの
ホワイトニング主任の近藤です。

歯の外部から変色する原因は、
飲食によるものが一番に挙げられます。
コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、コーラ等の飲み物、
カレー、ミートソース、ビーフシチューなど
シミになってしまうような食べ物
チョコレートなどの嗜好品、そして何と言ってもタバコです。
また意外ですが、口紅も注意してください。
他にはむし歯による着色もあります。
初期の虫歯は脱灰といって酸に表面が白く濁った色になり、
ざらっとした感じになります。
(この時期でしたら簡単にきれいになります)
しかしむし歯が進行してしまうと
茶褐色、黒っぽくなって
むし歯を削って詰めなければならなくなります。
その際つめた金属が原因で(金属イオンが遊出して)
周りの歯質が黒くなる事があります。
現在ではできるだけ金属をつかわずに
白い材料を使って詰める方法が推奨されます。

ホワイトニングについては、ラブアンドティースのHP
またはフクロ歯科の審美歯科コーナーをご覧ください
http://www.loveandteeth.com/
http://www.owl.gr.jp/whitening.html

歯の変色について(1)内部からの着色

こんにちは歯科医院ラブアンドティーススタッフの
ホワイトニング主任の近藤です。

歯が内側から黄色くなる原因の多くは加齢による変色です。
歯には半透明のエナメル質があり、
すぐ内側には象牙質という黄色い層があります。
はじめ歯の象牙質は、淡いクリーム色をしているのですが、
加齢によりだんだん色が濃くなっていきます。
エナメル質も長年の使用によって薄くなっていき、
内側の象牙質の色が強く出てきてしまうのです。
さらに象牙質の内側にある歯髄をとってしまったり、
神経が死んでしまった場合には血液中の鉄分が
化学反応を起こして褐色や黒っぽく変色してしまいます。
またテトラサイクリンという抗生物質を歯の形成期に投与された方の象牙質も変色してしまい
、歯の色が濃くなったり、縞模様が強くなったりします。
(約30年前にこの抗生物質はよく使われていました。薬害の一つです)
これらの強い着色は、変色の度合いが強いほど
ホワイトニングだけで白くすることが難しい症例になります。

ホワイトニングについてもっと知りたい方は、
ホワイトニングについては、ラブアンドティースのHP
http://www.loveandteeth.com/
またはフクロ歯科の審美歯科コーナーをご覧ください
http://www.owl.gr.jp/whitening.html

むし歯の影響

こんにちは 袋歯科 衛生士のマダム板垣です。

食べたものを細かく砕いて栄養を体に取り入れるために乳歯は
必要不可欠なものです。
また顎の発育を助け、顔の形を整え、発音にも影響があります。
そして乳歯の大きな役割は、永久歯が正しい位置に生えてくるための
目印になることです。
もし乳歯がむし歯になり失われてしまうと
隣接した歯が動いて移動してきてしまい
次に生えてくる永久歯が正しい位置に生えてこられなくなります。
むし歯になった乳歯を治療せず、放置すると
永久歯もむし歯になるリスクが大変高まります。

乳歯のむし歯予防に関しては「シーラント」なども
参考になさってください!
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_12.html

むし歯菌は感染する。

こんにちは 袋歯科 衛生士のマダム板垣です。

生まれてきた赤ちゃんの口の中にはむし歯菌はいません。
周りの大人がむし歯を持っていて、食べ物を口移しで
あげたりすると、子供にもむし歯が感染してしまうのです。
唾液がそれを媒介します。(伝播)
これを防ぐためにスプーンや歯ブラシの共有はやめましょう。
口移しも厳禁です。
大人自身のお口のケアが子供の歯の将来を決めてしまうのです。
しつこいタイプのむし歯菌(ミュータンス菌)は
唾液を介してお子さんにうつります。
ただし常に感染が起こるわけではなく
感染しやすい時期があるということがわかってきました。
感染が集中するのは、
1歳7か月?2歳7か月の1年間くらいの時期とされています。
これはちょうど乳歯の奥歯が生え揃ってくる時期と重なります。

むし歯予防としてフクロ歯科医院ではPMTCより積極的な除菌外来として
3DSやヒールオゾンの予防も行っています。
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_11.html

妊娠すると歯ぐきが腫れやすいのは?

こんにちは 袋歯科 衛生士のマダム板垣です。

妊娠すると、女性ホルモンの分泌が増えてきます。
(エストロゲンやプロゲステロンなど)
歯周病菌は、女性ホルモンが大好きなので妊娠すると
歯ぐきが腫れたり、出血しやすくなったりするのです。
(動揺の炎症は思春期にも起きます)
また妊娠すると唾液の分泌量や緩衝能が落ちるため、
唾液の殺菌作用の効果も低下します。
つわりでブラッシングができないなどの事もあるため、
普段以上にケアを念入りにすることが大切です。

歯周病・歯肉炎については
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_01.html
でご説明しています。

フクロ歯科医院では、どなたでも気軽に受けられる
PMTCを予防の柱としています。
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_02.html

妊娠時の重要性

こんにちは 袋歯科 衛生士のマダム板垣です。

お子様の丈夫な歯をつくるためには、
妊娠中の栄養管理が大きなポイントです。
胎児の乳歯の芽(歯胚)は妊娠7週目くらいにはでき始め、
妊娠3?4ヶ月めくらいからは永久歯の芽もでき始めています。
つまり子供の強く質の良い歯をつくるためには
妊娠中のバランスの良い食事と規則正しい生活がとても大切なのです。
遺伝的な要素よりもむしろ妊娠中の母体の健康管理と、
生えてからの正しいケアの仕方により歯の質が決まるのです。

歯質の強化や栄養については
「その他のむし歯予防」でご説明しています。
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_12.html

乳歯の生え始め

こんにちは 袋歯科 衛生士のマダム板垣です。

赤ちゃんに初めて生えてきた歯を見つけたときは
とても嬉しく幸せな気持ちでいっぱいになりますね!
赤ちゃんの乳歯が徐々に生え始めるのは
生後6か月から7か月前後からです。
まず下の前歯が生えて、次に上の前歯が生えてきます。
そして前歯の左右の歯が生えてきて、奥歯が生えてくるのは、
だいたい1歳3か月?7か月くらいの時期になります。
乳歯は全部で20本、すべて生え揃うのは3歳くらいです。
赤ちゃんによってかなり個人差がありますので、
順番や時期が違ってもあまり心配する必要はありません。

ただし上の前歯が下の前歯よりも
中側に生えてきてしまっている場合は、
顎の成長の仕方にもよりますが、
積極的な治療も必要になりますので
歯科医院でご相談ください。

小児の矯正治療については
http://www.owl.gr.jp/treatment/02_04.html
で詳しくごらんになれます。

ホワイトニングとクリーニングの違い

こんにちは歯科医院ラブアンドティーススタッフの
ホワイトニング主任の近藤です。

歯のクリーニングは歯の表面に付着した汚れ(お茶しぶ、ヤニなど)を
落としてその人本来の歯の色に戻すことです。歯が黄色いとお悩みの方の中には
そういう外部からの着色が原因となっている場合があり、歯のクリーニングだけでも
かなり白くなることもあります。歯の黄ばみが気になる方で、
長期間にわたり歯のクリーニングを受けていなかったら、
一度クリーニングを受けてみたらいかがでしょうか?
(フクロ歯科と歯科ラブアンドティースでは、PMTCというクリーニングプラグラムを
オススメしています)
ホワイトニングする場合にも歯の表面に汚れや色素がついていると
薬剤の効果が半減してしまいます。
ホワイトニングする前にはクリーニングで
歯の汚れを落とすことをオススメします。
ホワイトニングは歯の表面の汚れを落とすクリーニングとは違い、
歯自体の色を白くする物です。

ホワイトニングについての詳しい情報は、
フクロ歯科の審美歯科コーナーをご覧ください
http://www.owl.gr.jp/whitening.html

歯が白くなるしくみについて

こんにちは歯科医院ラブアンドティーススタッフの
ホワイトニング主任の近藤です。

今回はホワイトニングでなぜ歯が白くなるのかその仕組みついてお話します。
当院で使用している薬剤は、過酸化水素(オフィースホワイトニング)
と過酸化尿素(ホームホワイトニング)です。
過酸化水素とは理科の実験でも使いましたが、
簡単に言うと水に酸素原子がくっついたもの、
過酸化尿素とは過酸化水素に尿素が加わったものです。

両者とも歯を白くする効果の主体は過酸化水素です。
過酸化水素が分解するときに、着色有機物の一部分を
化学的に切断することで着色物を無色化します。
このとき発生するのが体に有害とされるフリーラジカルという活性酸素です。
(局所的な発生ですから、ホワイトニングは体にほとんど害がありません)
これは光を照射することで、その働きがより活発になります。
ホームホワイトニングで使用する過酸化尿素は、
お口の中の唾液と体温によって
過酸化水素と尿素に分解された後で、
ホワイトニング効果を発揮していきます。

ラブアンドティースのオフィースホワイトニングの流れについては
http://www.owl.gr.jp/treatment/05_01.html
をご覧ください

ここで歯科金属アレルギーのお話

前橋フクロ歯科医院 衛生士の高橋です。

歯科金属アレルギーとは、金属そのものはアレルギーの原因に
なりませんが、唾液で金属イオンが溶け出し体のタンパク質と
融合することによって、それを異物と見なした体が
過剰反応を起こすものです。
口腔内の金属アレルギーは、接触してすぐに症状がでる花粉症や
アトピー性皮膚炎等と異なり、遅延型のアレルギーと呼ばれ
すぐに症状が現れるとはかぎりません。
使用してから数十年を経て突然発症することも多く、
手足や全身にまで影響が及ぶこともあるといわれており、
注意が必要です。
とくに貴金属(ゴールドやプラチナの含有率が高い物)以外は
あまり口の中に用いるのはお勧めできません。

前橋フクロ歯科医院ではできるだけ金属を使わない
オールセラミックを使った治療として
セレックやエンプレスの治療を行うともに
金属を使う場合には、生体に優しい貴金属を主体に
自由診療治療を行っています。

歯科で使う金属の話は
http://www.owl.gr.jp/treatment/04_07.html

エンプレスなどについては
http://www.owl.gr.jp/treatment/04_04.html

でご説明しています

前の10件5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からのお便り フクロウ新聞 Love&Teeth maebashi-implant whitening youtube implant 診療予約
ページの先頭へ