医療法人晃仁会 フクロ歯科医院

診療時間9:00-19:00

木曜のみ9:00-15:00(不定休) 日曜・祝日休診

0120-998-418

027-231-5320

歯肉について

皆さんは、普段、歯肉(歯茎)について気にかけているでしょうか。
口内環境を健全に保つためには、むし歯をつくらないことだけでなく、歯肉の状態に気をつかうことも大切です。
歯肉の炎症が進行すると歯周病となり、口内全体に影響を及ぼします。その結果、歯肉が歯を支えられなくなり、歯がグラグラするようになってしまうのです。

健康な歯肉の見分け方

1. 歯周ポケットがない
歯と歯肉の間には、小さな溝があります。この溝にたまった細菌が炎症を起こすと、だんだん溝が深くなり、「歯周ポケット」になります。

2. 色が薄いピンクである
健康な歯肉は、”薄いピンク色”です。赤や赤黒、赤紫の場合は、既に炎症を起こしている場合があります。

3. 歯と歯の間の歯肉の形がきれいな三角形である
健康な歯肉は引き締まっているため、歯と歯の間の歯肉は硬く、先端が尖り、三角形になります。炎症が起こると、引き締まっていないため、先端が丸く見えます。

4. 表面に小さなくぼみ(スティップリング)がある
健康な歯肉をよく見ると、表面に細かなくぼみがあることがわかります。これはスティップリングと呼ばれ、みかんなどの柑橘類(かんきつるい)の表面に似ています。
スティップリングはコラーゲン線維(せんい)というものによって生じるのですが、炎症によってコラーゲン線維が破壊されると、消えてしまいます。

5. 歯を磨いたときの出血や、膿・口臭がない
口内環境が健全であれば、歯を磨くだけで歯肉から出血することはありません。また、膿や口臭などのトラブルも起こりにくいです。
歯の裏側や奥歯の炎症には、歯磨きの時の出血で気づくことが意外と多いかもしれません。

歯肉を健康に保つために

大切なこと
・歯磨きを欠かさず、丁寧に行うこと
・デンタルフロスや歯間ブラシを使用すること
・よく噛み、よく話して唾液の分泌(ぶんぴつ)を促(うなが)すこと
・定期検診に通うこと
避けたほうが良いこと
・タバコ
・ストレスや睡眠不足
・口呼吸