医療法人晃仁会 フクロ歯科医院

診療時間9:00-19:00

木曜のみ9:00-15:00(不定休) 日曜・祝日休診

0120-998-418

027-231-5320

「歯は再生しない」はウソ?

歯は一度削ると、元には戻らないものとして有名ですよね。実際、歯の一番外側を覆っているエナメル質は、再生することのない組織です。しかし、エナメル質の内側にある象牙質は、状況に応じて再生されるのです。 

 

 

 年を取ると増える象牙質 

実は、象牙質はむしろ年を取るごとに増えていきます。専門的には「第二象牙質」と呼ばれ、生理的に作られていくものであり、決して異常なわけではありません。 

 歯を修復するために増える象牙質 

外からの刺激から歯を守るために作られる象牙質もあります。これを「第三象牙質」や「修復象牙質」と呼びます。例えば、噛む力が強くて大きな負担が歯にかかっているような場合は、修復象牙質が生成され、歯髄炎などの防止に役立ちます。 

 初期のむし歯ならエナメル質も再生する? 

発生して間もないむし歯は、歯の内部が少し溶けている状態です。表面にはまだ穴が開いていないので、歯を削る必要はありません。そこにフッ素を塗布すると、内部の溶けたエナメル質が修復(再石灰化)されます。これもまた一種の再生と考えることもできるかもしれませんね。 

  

このように、歯質は再生することもありますので、異常を感じたらすぐに歯医者さんに診てもらいましょう!