医療法人晃仁会 フクロ歯科医院

診療時間9:00-19:00

木曜のみ9:00-15:00(不定休) 日曜・祝日休診

0120-998-418

027-231-5320

子供のおやつの選び方

虫歯になりにくいおやつってあるの? 

虫歯になりにくいおやつは結論から言うとあります。特に、自分の子どもに食べさせるときには、出来る限り歯を守りながらおやつをあげたいですよね。 

虫歯になりにくいおやつの条件としては、口の中ですぐ溶けること、歯にくっつきにくいこと、砂糖不使用であることなどが挙げられます。 

  

虫歯になりにくいおやつとは 

 おせんべい、ナッツ類 

食べ応えがあるため、噛む力が付くのが理由のひとつです。食べ物をよく噛むと、唾液が出やすくなります。唾液には虫歯菌を殺菌して流してくれる効果がありおやつを食べながら虫歯予防してくれるのです。赤ちゃんは、3時間に1度ミルクを飲んで歯磨きをしなくても、よだれが多いため虫歯のリスクが低いです 

  

プリン、ゼリー 

これらは意外だと思われる方も多いかと思います。しかし、砂糖が沢山あるイメージで、おやつとしてあげるのに戸惑っているママに朗報です。砂糖が使われていたとしても、歯にくっついたり、口の中に残留したりしなければ虫歯にはなりにくいのです。プリンゼリーはツルっとしており、溶けやすいのがおやつとして良い理由です。 

 

 チーズ、無糖ヨーグルト 

第一に、砂糖が使用されていないのが虫歯になりにくい理由です。また、生えたばかりの歯は未熟なためカルシウムやリンなどを吸収して強く硬くなります。チーズやヨーグルトにはカルシウムが豊富に含まれていて、歯を強くしてくれるのです。