医療法人晃仁会 フクロ歯科医院

診療時間9:00-19:00

木曜のみ9:00-15:00(不定休) 日曜・祝日休診

0120-998-418

027-231-5320

親知らずについて

親知らず(親不知)とは、ヒトの歯の種類のひとつで、前歯から数えて8番目の位置にあるものです。多くの場合、10代後半から20代前半の時期に生えてきます。必ず上下左右の4本が揃うわけではなく、4人に1人程度の割合でまったく生えてこない人もいるそうです。

なぜ親知らずを抜くのか 

現代人は顎が小さいので、スペースが足りないために親知らずが向きに生えたり、傾いて生えたりしてしまうことがありますこれにより引き起こる以下のようなトラブルを防ぐため、親知らずを抜くことが多いです。 

 

①虫歯や歯周病になる 

親知らずは部分的に歯肉に埋まっている場合があります。また、歯ブラシが届きにくくいです。そのため不潔な状態になりやすく、虫歯歯周病繋がります  

②嚢胞(のうほう)ができる 

レントゲンで、親知らずの周りに袋状の影が見えることがあります。これは嚢胞と呼ばれ、化膿や腫れの原因となります。  

③ 周囲の歯に影響を及ぼす 

親知らずの生える向きが悪いと、手前の歯を強い力で押し続け、かみ合わせが悪くなる等の悪影響を与えます。 

 

親知らずを残しておくメリット 

親知らずは歯のトラブルの原因となりますが、生えてきたからといってむやみに抜いてしまうのは、良い考えではありません。 

親知らずを残しておくと、以下のようなメリットがあります。 

・どこかの歯を抜歯した時に、親知らずを移植することができる 

・手前の歯を入れ歯やインプラントにする際の支え(ブリッジ)にすることができる 

 

親知らずが生えてきたら、いつでもお気軽にご相談ください。