群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

口臭予防に

こんにちは、群馬県前橋市フクロ歯科医院の歯科衛生士です。
ニオイが最もきつくなる時は起床時です。
睡眠中、自浄作用のある唾液の分泌が減少し、一番お口の中が汚れ、ニオイも強くなります。他にも空腹時・運動時・緊張時などにもニオイがきつくなります。
他にも、う蝕(むし歯)・歯周病・口内炎・不潔な義歯など口腔からの口臭や、耳鼻咽喉科疾患・肺ガスの交換・身体の疾患が原因で起こる口以外からの口臭などがあります。

気になる口臭を防ぐためには当院では「ハイザック」をお勧めしています。
ハイザックには、ニオイの物質である「vsc」※を不揮発化する効果があります。また、口臭予防の他に歯周病予防にも効果的です。
※「vsc」とは・・・口の中の細菌がたんぱく質を分解する時に出す硫黄ガスのこと。

<こんな方、こんな時に効果的>
・急いで口臭を防ぎたい時
・人と会う前のエチケットとして
・ニオイを抑え、歯周病を予防したい方
100
※市販の洗口剤(デンタルリンス)では口臭は消えません。アルコールが含まれているものは口渇を引き起こします。配合成分のサッカリンや糖分は返ってバクテリア(口臭の原因)を増殖させてしまいます。

口臭を防ぎたい方は「ハイザック」を使ってみて下さい。携帯用スプレーもあります。

知覚過敏用 歯磨き粉

こんにちは 群馬県 前橋市 フクロ歯科医院 歯科衛生士です。
最近では知覚過敏歯磨き粉 シュミテクト よくCMでも目にします。
冷たいものを食べたり飲んだりした時や、歯をみがいている時などに
むし歯でないのに瞬間的に歯がしみたりすることはありませんか?
それは知覚過敏かもしれません
知覚過敏の症状を感じているひとは、大人で3人に1人とも言われています。
症状の度合いも人それぞれですが、軽い場合は
シュミテクトを使ってみるのもいいと思います。
99
知覚過敏の主な原因は、歯ぎしり、強いブラッシング 
強いブラッシングは歯肉の退縮やエナメル質の摩耗によって
象牙質を露出させてしまいます。
象牙質は、象牙細管という細かい管が通っていて外部からの刺激が
直接神経に伝わるようになり,少しの刺激でも敏感に反応して
しみる症状が出るのです。
シュミテクトに含まれる薬用成分(硝酸カリウム)が象牙細管をふさいで
刺激をつたわりにくくしてしみるのを防いでくれます。
99_2
効果的な使い方は
歯と歯茎の境目をやさしくブラッシングする
全体を丁寧にブラッシングしてから
薬用成分が残るように、少量のお水で1,2回ゆすぐ
できれば1日3回歯を磨く
使い続けることによって効果を発揮します。                                          
シュミテクトを使ったら症状がよくなったと言う患者さんの声を聞きます。
しみる度合いも人それぞれなので
症状がよくならかったり、しみる原因が知覚過敏ではない人は
早めに歯科医院を受診してくださいね
日頃から、定期健診を忘れずに受けましょう!

デンタルフロス

こんにちは、群馬県前橋市フクロ歯科医院の歯科衛生士の奥脇です。
最近はだいぶ歯をブラシする習慣が定着してきて、歯をあまり磨かないという人はさすがにいませんね。
ただ、歯と歯の間の汚れは、歯ブラシだけだとなかなか取れません。そのままにしておくと歯周病や虫歯を引き起こしてしまいます。歯周病や虫歯の対策として、歯ブラシに加えてデンタルフロスの使用をお勧めします。
98_2
フクロ歯科医院では、DENT・e-floss(デント・イーフロス)を使用しています。
特徴は、唾液でスポンジ状に膨らむエキスパンディングフロス採用で、歯肉に優しく効率的にプラークコントロールできます。指にもソフトな感触で、初めての方でも使いやすいです。ミントフレーバーなので、使用後はお口の中がさっぱりします。可愛い4色(ピンク・オレンジ・ブルー・ホワイト)の携帯に便利なケースに入っています。半透明のケースなので、フロスの減り具合もすぐにわかりますよ。
98
フロスを使用する時は、のこぎりを動かす様に前後に動かしながら、歯と歯の間に入れていきましょう。無理に押し込むと歯や歯茎を傷つけてしまいます。
デンタルフロスが引っ掛かったり、切れてしまう場合は、むし歯になっていたり、詰め物や被せ物が合っていなかったりが考えられます。その時は早めに歯科医院を受診しましょう。フロスを使わないとさっぱりしないと思える習慣を身につけたいですね。

ホワイトニング

歯科医院ラブアンドティースの
ホワイトニング施術担当の近藤です。

白く輝く歯は、
すてきな笑顔の必須アイテムですね。
心理学的にも白い歯は
若さの象徴と言われています。
多くの方が思い切り笑えない悩みの原因として
歯の汚れ、黄ばみをあげています。
ホワイトニングで口元に自身がもてれば、
よりポジティブで楽しく豊かな
日々を送ることができるかもしれません。

ホワイトニングという治療法が
まだなかった頃、歯を白くしたい時は
どのような方法をとっていたのかご存じですか?
実は歯を削ってプラスチックやセラミックで覆い、
気になる変色を隠していたのです。
でも一度削ってしまった歯は
二度と元には戻りません。
歯は白い方がいいけれど、
健康な歯を削ってしまうのは
もったいないですよね。

そこで人工物を使わずに
歯そのものを白くする
ホワイトニングという治療法が
アメリカで誕生したのです。

歯科医院ラブアンドティースは群馬県で
初めての本格的なホワイトニングサロンです。
歯科医院 ラブアンドティース
*フクロ歯科の隣にあります。

フクロ歯科の審美治療の考え方については
審美歯科治療
で説明しています。

EOガス(エチレンオキサイトガス)滅菌器

こんにちは。フクロ歯科医院衛生士です。

金属は菌を殺滅する程度の高温にしても溶けることはありませんが、ゴムやプラスチック製品、チューブ類などは同じ温度では扱えません。
そこで当院ではEOガス(エチレンオキサイトガス)滅菌器を使用しています。温度を上げる代わりに殺菌に効果のあるガスを使って滅菌します。
41リットルの容量があるので十分な量が確保でき、外科用の器具を確実に安全に滅菌することができます。
作業環境測定士による測定が必要なので資格保持者がいないと使えません。しかし、当院では院長が資格を持っているので継続してEOガス滅菌を行えます。

クラスBオートクレーブ  高圧蒸気滅菌器

こんにちは。フクロ歯科医院衛生士です。

今回はフクロ歯科医院で使っている滅菌器をご紹介します。
Bクラスとは 医科で使用されている大型滅菌器の規格に準じた、あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる滅菌器です。
滅菌前にバキュームと蒸気の注入を交互に繰り返すことによって、チューブ状の内部や、蒸気を細部の奥まで行き渡らせる機能を備えています。 

従来の滅菌器よりもさらに厳しい基準である、ヨーロッパ基準で最高ランク「クラス B」の性能を有するオートクレーブを使用して器具の滅菌をしています。
滅菌パックで包装したものやタービンヘッド、インプラント器材の滅菌に適しています。

Bクラスのオートクレーブにより患者さんはもちろん、医療従事者にとっても安全・安心な診療を行うことができます。

消毒 滅菌について

こんにちはフクロ歯科医院衛生士です。

毎日歯科治療で使用する器具には唾液や血液が付着します。たくさんの患者さんが来院するので、滅菌作業は時間と手間がかかり大変です。
院内感染防止対策として、消毒滅菌を徹底しています。

滅菌とは、あらゆる細菌を消滅させ、感染源を完全に除去することです。
患者さんごとに使用する基本セット(ミラー、ピンセット、短針)は
一組ずつ滅菌パックに入れて滅菌、そのまま保管します。
お口に入れるほとんどの物、タービンはもちろん、綿やガーゼも滅菌しています。

紙コップ、紙エプロン、グローブ、ヘッドレスカバーはディスポーザブル(使い捨て)を使用しています。

   

前の10件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からのお便り フクロウ新聞 Love&Teeth maebashi-implant whitening youtube implant 診療予約
ページの先頭へ