群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ > 滅菌について一覧

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

EOガス(エチレンオキサイトガス)滅菌器

こんにちは。フクロ歯科医院衛生士高橋です。

金属は菌を殺滅する程度の高温にしても溶けることはありませんが、ゴムやプラスチック製品、チューブ類などは同じ温度では扱えません。
そこで当院ではEOガス(エチレンオキサイトガス)滅菌器を使用しています。温度を上げる代わりに殺菌に効果のあるガスを使って滅菌します。
41リットルの容量があるので十分な量が確保でき、外科用の器具を確実に安全に滅菌することができます。
作業環境測定士による測定が必要なので資格保持者がいないと使えません。しかし、当院では院長が資格を持っているので継続してEOガス滅菌を行えます。

クラスBオートクレーブ  高圧蒸気滅菌器

こんにちは。フクロ歯科医院衛生士の高橋です。

今回はフクロ歯科医院で使っている滅菌器をご紹介します。
Bクラスとは 医科で使用されている大型滅菌器の規格に準じた、あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる滅菌器です。
滅菌前にバキュームと蒸気の注入を交互に繰り返すことによって、チューブ状の内部や、蒸気を細部の奥まで行き渡らせる機能を備えています。 

従来の滅菌器よりもさらに厳しい基準である、ヨーロッパ基準で最高ランク「クラス B」の性能を有するオートクレーブを使用して器具の滅菌をしています。
滅菌パックで包装したものやタービンヘッド、インプラント器材の滅菌に適しています。

Bクラスのオートクレーブにより患者さんはもちろん、医療従事者にとっても安全・安心な診療を行うことができます。

消毒 滅菌について

こんにちはフクロ歯科医院衛生士の高橋です。

毎日歯科治療で使用する器具には唾液や血液が付着します。たくさんの患者さんが来院するので、滅菌作業は時間と手間がかかり大変です。
院内感染防止対策として、消毒滅菌を徹底しています。

滅菌とは、あらゆる細菌を消滅させ、感染源を完全に除去することです。
患者さんごとに使用する基本セット(ミラー、ピンセット、短針)は
一組ずつ滅菌パックに入れて滅菌、そのまま保管します。
お口に入れるほとんどの物、タービンはもちろん、綿やガーゼも滅菌しています。

紙コップ、紙エプロン、グローブ、ヘッドレスカバーはディスポーザブル(使い捨て)を使用しています。

   

滅菌作業の流れ

こんにちはフクロ歯科医院衛生士の高橋です。


<超音波洗浄器>>
汚染物質に一切触れることなく器具の洗浄を可能にすることが
できるようになりました
手洗いでは落としきれない治療器具の細かいよごれを
内部まで確実にきれいにします。      
薬液には血液などのタンパク質を分解し、ウィルスを
除菌することができるオロシドマルチプラスを使用して
いるので感染因子を大部分取り除くことが出来ます。

<速洗 洗浄/消毒機器>
給湯直結なのですぐに洗浄開始、
アルカリ洗浄標準コースであれば、最短10分、
汚染物質に一切触れることなく器具の洗浄を可能にすることが
できるようになりました。
1度除去した汚れによって、再び汚れてしまうことはありません。
速い洗浄で、診療の流れをスムーズにします。  


器具を個別にパック(汚れてしまったりすることがありません)

クラスBオートクレーブ滅菌(134℃ 90分)

EOガス(エチレンオキサイトガス)滅菌(7時間)

歯科用ハンドピース専用 
コンビネーションオートクレーブ滅菌器            
[ダック・ユニバーサル] (ドイツ シロナ社製)
治療に使用後の歯科用ハンドピース(歯を削る機械)には
様々な病原細菌やウイルスが存在している可能性があるので、
他の器具類と同様に滅菌をきちんと行う必要があります。
歯科用ハンドピースに存在している可能性のある微生物
(細菌やウイルスなど)がダック・ユニバーサルを使い滅菌をすれば、
すべて死滅しますので安心です。

? 内部洗浄 ?注油 ?外部洗浄 ?滅菌

全てをこの一台で、しかも全自動で行っていきます。
簡単に短時間でできるところがすごい!
滅菌の大きな特徴に「バックフラッシュ」という工程があります。
これは、飽和蒸気をハンドピース内部に強制通気させるシステムで、
外部だけでなく通常では洗浄できない内部に入り込んだ汚染まで
確実に滅菌することができる最新の機械です。  

消毒・滅菌について

こんにちはフクロ歯科医院衛生士の高橋です。

毎日歯科治療で使用する器具には唾液や血液が付着します。
たくさんの患者さんが来院するので、滅菌作業は時間と
手間がかかり大変です。
院内感染防止対策として、消毒滅菌を徹底しています。

滅菌とは、あらゆる細菌を消滅させ、感染源を完全に除去することです。
患者さんごとに使用する基本セット(ミラー、ピンセット、短針)は
一組ずつ滅菌パックに入れて滅菌、そのまま保管します。
お口に入れるほとんどの物、タービンはもちろん、綿やガーゼも滅菌しています。

紙コップ、紙エプロン、グローブ、ヘッドレスカバーは
ディスポーザブル(使い捨て)を使用してます。

フクロ歯科医院ではBクラスの滅菌器を導入しました!

<クラスBオートクレーブ  高圧蒸気滅菌器>
Bクラスとは 医科で使用されている大型滅菌器の規格に準じた、
あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる滅菌器です。
滅菌前にバキュームと蒸気の注入を交互に繰り返すことによって、
チューブ状の内部や、蒸気を細部の奥まで行き渡らせる機能を
備えています。 
従来の滅菌器よりもさらに厳しい基準である、ヨーロッパ基準で
最高ランク「クラス B」の性能を有するオートクレーブを使用して
器具の滅菌をしています。
滅菌パックで包装したものやタービンヘッド、インプラント器材の
滅菌に適しています。
Bクラスのオートクレーブにより患者さんはもちろん、医療従事者に
とっても安全・安心な診療を行うことができます。

<EOガス(エチレンオキサイトガス)滅菌器>
ゴムやプラスチック製品、チューブ類などの滅菌が
行えます。41リットルの容量があるので十分な量が確保でき、
外科用の器具を確実に安全に滅菌することができます。
作業環境測定士による測定が必要だそうです。
院長が資格を持っているので継続してEOガス滅菌を行えます。

1

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
ページの先頭へ