群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ > インプラントについて一覧

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

インプラント歯周炎とは

インプラントは虫歯にはなりませんが、プラーク(歯垢)が付着することで

周囲の歯茎が炎症を起こして歯周病になってしまうことがあります。
これを、インプラント周囲炎と言います。

インプラント周囲炎になると、歯周病と同様、次第にあごの骨が溶け、
最終的にはインプラントを失うことになってしまいます。
そのため、インプラント治療後はメインテナンスがとても大切です。
インプラントは人口歯なので虫歯になることはありませんが、
毎日のブラッシングと歯科医院での定期的なチェックという
正しいメインテナンスをしっかりと続ければ長年にわたって使用できます。

インプラントのメリット・デメリット(ブリッジ、部分入れ歯との比較)

こんにちわ。群馬県前橋市フクロ歯科医院
歯科衛生士の笛木です。

■インプラントのメリット
・安定したかみ合わせを長期間保つことが可能
・失った葉の数が多くてもかみ合わせの力(咀嚼力)回復が可能
・自分の歯に近い外観が可能
・自然の歯に近い機能が期待できる
・歯を失った箇所はあごの骨の成分が自然に減るが咀嚼の刺激が衰退を防止
・適切なケアにより長持ちする
・抜け落ちてもやり直しが容易

■インプラントのデメリット
・治療期間が比較的長期
・手術になるので少数だが適応とならないケースもある
・比較的費用がかかる
部分入れ歯のメリット
・短期間使用で見た場合、咀嚼機能をある程度回復可能
・短期間で咀嚼機能回復が可能
・健康な歯で支えるなどの必要がない
部分入れ歯のデメリット
・入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい
・変化する行内環境に合わせるため数年毎作り変えか、調整が必要
・適切なかみ合わせであっても長期間は維持できない
・装着時の違和感を感じやすい
・自然な歯の外観を維持しにくい

■ブリッジのメリット
・自然の歯と同じような外観を回復することができる
・自分の歯と同じように咀嚼することができる
・かみ合わせを回復することができる
・歯列の安定したつながりを回復することができる

■ブリッジのデメリット
・対象となる位置の両側にしっかりとした歯がないと適合できない
・失った歯の数が多いと処置不可
・土台となる歯を削る必要がある
・土台となる歯にかむ力が余計にかかるうえ、清掃性が悪くなるため、
損の歯を喪失する危険性が増加
・景観の回復上セラミックが優れるが保険適応ではない
・インプラントより長持ちしない(平均7?8年)
・土台の歯にもし問題が発見されると、やり直しが必要

OPEの流れ

こんにちわ。群馬県前橋市フクロ歯科医院
歯科衛生士の笛木です。

?まず最初に歯科衛生士が口腔内のブラッシングを行います。
細かいところまで汚れを落とすことによって、口腔内の細菌数を減らします。

?次に手術部位に麻酔をしていきます。麻酔科医による鎮静を行う場合は、
そちらを行ってから、述部に麻酔をしていきます。術中は粘膜を切開するため出血も多くなります。
血液から麻酔が流れてしまいやすくなるため術中にも麻酔を行います。

?口腔内、口唇周りの消毒を行います。術中はドクター、アシストは滅菌着を着用し、
器具も滅菌されたものを使用し、完全滅菌下で行われるため、術部も同様に消毒を行います。
消毒後は手で顔や口周りを触ることはできません。

?麻酔が効いたのを確認し、手術が始まります。事前に撮影したりパノラマレントゲン、
CTを確認しながらインプラント体を埋入する位置決めを行い、ドリルで穴をあけていきます。
長さ、太さを確認しながら、インプラント体を埋入していきます。

?手術終了後、正しい位置にきちんと埋入されたか確認のパノラマレントゲンを撮影します。
その後はオペ室から診療室へ移動していただき、手術後の消毒、術後説明を行います。

インプラント治療の流れ

こんにちわ。群馬県前橋市フクロ歯科医院
歯科衛生士の笛木です。

?診査・インプラントカウンセリング
患者様に合った適切な診断ができるよう、口腔内撮影、X線パノラマ撮影、口腔内模型作製等、
必要な情報を集めます。患者様ごとにカウンセリングを行い、全身状態の把握をします。

?CT精密診断・お見積もり説明
歯科用CT撮影を行い、あごの骨の状態、神経の位置等を確認し、埋入本数、埋入位置、
補綴方法の決定を行います。そこから診療プラン、お見積もりを作成します。手術の予定日を決定します。

?初期治療
インプラントはできる限りきれいな口腔内に埋入することにより、成功率が高まるので、
場合により歯周病や虫歯の治療等を行います。

?術前診断
埋入本数が多い場合は、技工士が作る診断模型をもとに、診断用ステントを作り、
再度パノラマ撮影やCT撮影を行い、埋入位置の誤差を修正していきます。
そして、術前投薬を行い、感染に対するリスクを下げます。

?手術(1次OPE)
数名のスタッフがチームを組んで、手術を行います。必要な画像、
臨床データが用意されたうえで手術が行われます。

?補綴
患者様によっては、歯を失ってからの期間が長く、顎関節の位置のずれが
起きていることも多いです。それにより歯ぎしりやくいしばり等の異常咬合を示す場合もあります。
最終の補綴までは時間をかけて様々な工程をはさみながら作製していきます。

?フォロー・メインテナンス
インプラント治療後は、補綴が終わり終了ではありません。定期的なチェック、
クリーニングが必要です。インプラント体と土台を止めるねじの緩みのチェックやかみ合わせ、
インプラントも歯周病になるので、そうならない様、3か月に1度のPMTCが大切です。

インプラントについて

こんにちわ。群馬県前橋市フクロ歯科医院
歯科衛生士の笛木です。

インプラントとは、従来ブリッジや入歯でしか対応のできなかった歯を失った部位に対し、
天然歯の根の代わりとなる人工歯根を埋め込むことにより、
天然歯とほぼ変わりない噛む力を回復させることができる治療のことです。

インプラント体(人工歯根)は、体になじむチタン製のものを使用しています。
見た目も自然で根本から固定されているので、ブリッジのように両隣の健康な歯を
削るリスクもなく、入れ歯のように口の中で動いてしまい噛み砕くことができない、
話がしにくい、ということもありません。まるで天然の歯があるのと同じように生活ができます。

1

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
ページの先頭へ