群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ > 根の治療について一覧

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

根の治療を途中でやめるとどうなるの?

こんにちは フクロ歯科 衛生士の高橋です

根管治療は実はかなり難しいのです。
なぜなら根の中は直接目で見ることができず、形も複雑なので
確実に炎症を取り除くためには回数がかかります。
いったん起きた炎症はすぐにひかないので、症状に合った
薬を何回か交換する必要があります。

治療中は歯に仮の蓋をしていますが、長期間治療を中断して
しまうと、蓋が取れたり、隙間から食べ物が入って中が汚れ、
痛みや腫れの原因となります。また発熱、頭痛、顎のあたり
まで痛む場合もあり、最悪の場合は抜歯しなくてはなりません。

歯を失わないためにも、治療中はできる限り定期的に通院してください。 

治療後に出てくる痛み

こんにちは フクロ歯科 衛生士の高橋です

治療の時に、周辺組織(歯根膜など)が刺激されるため、
2,3日は痛みが出ることがありますが、自然と収まるでしょう。
しかし、歯根膜炎の場合に強い痛みがでるのは、仮の蓋をした
ことでウミの逃げ道がなく、根の中に圧力がかかるためです。
その場合は、早めに治療を受けてください。

一度根の治療が終わった歯でも、虫歯菌などの菌が入ると、
歯を支えている歯根膜が炎症を起こすため、痛みが出ます。
体調をくずしたり、体が疲れている時は炎症を繰り返したり、
痛みも出やすいです。強い噛み合わせやぶつけたりの外傷も
歯根膜炎の炎症の原因となります。

 特に、細菌に侵されてしまった感染根管の場合は、歯の周囲
の歯槽骨まで菌に汚染されています。
症状もおさまり、これで大丈夫と思っても、治療を終了してから
再び菌が活動を始めて再発することもあります。

根の治療について

こんにちは フクロ歯科 衛生士の高橋です

根の治療はとても大切です。
患者さんからは「またいつ痛みが出るか心配」
「何回も通って面倒・・・」「いつ終わるの?」と
敬遠されがちです。
歯の治療は、歯を失わないための大事な基礎工事なのです。

虫歯が神経の近くまで進んだり、根の病気になってしまった場合には
根管治療(歯の神経、根の治療)が必要になります。

一度感染した神経が元に戻るかどうかは感染の度合いと症状
によります。痛みを我慢して腐った神経をそのままにしていると、
さらに悪化してしまうこともあります。
我慢しないですぐ受診してくださいね。
健康な歯の土台となるのは、根の部分。
根の治療には根気と時間が必要です。

神経がある歯とない歯はの違いは、普段の生活では
不都合に感じるような大きな差はありませんが、
血管も一緒に取るので、栄養がいかず組織が硬くなるため、
弾力がなく、もろくなります。
また歯自体が変色することもあります。


むし歯治療については
むし歯の進行度による治療の違い
で進行度による治療法を紹介しています。

1

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
ページの先頭へ