群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ > 歯垢染色剤について一覧

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

染色剤で染めた後のブラッシング

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の笛木です

染め出しは上手に出来ましたでしょうか??
あまり染まらず綺麗に歯ブラシが出来ている人と、
全体的に染まってしまい上手に歯ブラシができていない人もいると思います。
どちらにしても、まったく染まらない方はほとんどいないと思います。
なので、染め出したあとは赤い部分を
しっかりチェックし、歯ブラシをしていきましょう。

出来れば、染め出した所はメモをとってチェックをし、
普段から意識をして磨けることがベストですね。

歯磨きの道具の準備、
☆鏡→歯ブラシが奥まで当たっているか・染め出しが落ちているか確認しながら磨いてください。
☆歯ブラシ→毛が開いていませんか?ブラシの部分が大きすぎてはいませんか?
☆フロス→歯ブラシのみで綺麗にするのは難しいので、歯間を磨く補助道具を使用しましょう。
☆歯間ブラシ→歯と歯の間が開いている方のみ、自分にあった大きさのサイズを使用しましょう。
☆タフト・プラウト→奥の歯・歯間・歯と歯茎の際を磨くのに適しています。

これらの道具を使用して、しっかり毎日のケアに励んでください。
虫歯ゼロを目指しましょう。

染色剤を使用する目的

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の笛木です

歯垢(プラーク)は、歯表面に堆積付着したもので、
多量に付着している場合には、
見て分かるのですが、少量の場合には、
染めてみないと分かりにくいことがあります。
そこで歯垢の成分が、微生物と
その産生物などからなる有機質であることを利用して、
それぞれを染色して歯垢を簡単に
取り除く手助けになってくれます。

染めた後の色の濃さによって、歯垢の落とし易さや
最近付いたものなのかどうか、見分けることができます。
色が薄い→比較的最近付いた歯垢で歯ブラシでも簡単に落ち易い
色が濃い→最近ついたものではなく、
古い歯垢(プラーク)と呼ばれています。
普通の歯垢より硬く、歯ブラシで取るのは難しくなってきます。

歯を染めてみるだけでこんなにもいろんな情報や
自分の癖・歯磨きの意識が高まります。
皆さんも染め出しをして見ましょう。

歯垢染色剤の種類について

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の笛木です。

では早速、今回は歯垢染色材の種類についてお話させて頂きますね。
歯垢染色材には液剤・ジェル・錠剤の物があります。

液剤・ジェル→綿球や綿棒で塗布する方法、
液剤を口腔内に直接滴下する方法、
液剤を薄めて洗口する方法があります。
錠剤→充分に咬み砕き唾液と混合させながら
舌を使って全歯面にゆきわたるように、
約30秒間ブクブクを繰り返します。

どちらの方法にしても、使用後は軽く洗口、
又はティッシュなどで軽く押し水分を取り除きます。
錠剤は、染め出す準備は手軽ですが、口腔内の操作を上手に行わないと
、臼歯部が染まりにくかったり咬み砕いた部分だけ濃く染まったりします。
液剤は、綿球や綿棒にたっぷり含ませ、歯、歯間部や
歯頸部にも塗布することができ、部分的には、
歯列ブロックや歯1本だけを染め出すことが可能です。

液剤と錠剤を比較してみると、液剤のほうが便利で確実な点が多いようです。
皆さんも自分にあった方で是非試してみてください。
普段気づかなかった磨き残しに気づくことができ、虫歯予防につながります。

1

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
ページの先頭へ