群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ > 矯正治療について一覧

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

大人の矯正について

こんにちは。歯科医院ラブアンドティース近藤です。

今回は大人の矯正についてのお話です。
矯正治療というと子供がするものというイメージがありますが、
実は50歳を過ぎても矯正治療を行うことは可能です。

ただ成人以降(年を重ねる程特に)は子供と比較すると
歯の移動速度が遅くなり、トータルの治療期間が長くなります。
しかし、成長が停止していることがほとんどですので、
あごの予想外の成長などのリスクがないため、
治療内容(歯の移動計画)が立てやすいというメリットもあります。

歯並びが悪いと将来歯を失うことになる確率が高くなるのは
事実ですので、今さらなどと思わずに受診することをお勧めします。

子供の矯正について【4】

こんにちは。歯科医院ラブアンドティース近藤です。

今回は早めに矯正治療を開始した方がいいケースについてのお話です。
経過観察で様子を見る場合も多い小児矯正ですが、
次のような症状があれば早いうちに矯正の先生に相談することをお勧めします。

・顔が左右非対称である
・口をあけていることが多い
・飲み込むとき下あごを突き出して顔を上げる
・食事時間がほかの子供より長い
・あごの関節から音がする
・口を大きく開けられない
・話すときに歯の間から舌が見える

必ずしもすぐに治療が必要な場合とは限りませんが、
治療法の選択肢の多いうちに相談することが大切ですね。

子供の矯正について【3】

こんにちは。歯科医院ラブアンドティース近藤です。

今回は、小児矯正の2段階治療についてのお話です。
小児矯正にはあごの骨の大きさやバランスを調整する第?期治療(骨格矯正)と、
歯の位置を整える第?期治療治療(歯列矯正)があります。

?期ではあごの骨を取り外しのできるプレート装置で拡大したり、
ブロックのような装置でバランスを整えたりします。
あごの骨が柔らかく、成長過程のために可能になるのです。

?期では、歯並びを美しく整えるため、ワイヤーによる矯正治療を行います。

?期の治療で永久歯の生えるスペースがきちんと確保できれば、
?期の治療が不要になる場合もあります。

子供の矯正について【2】

こんにちは。歯科医院ラブアンドティースの近藤です。

今回は、定期検査を受けるのに適した時期についてのお話です。

・3才
乳歯の歯並びが出来上がる時期です。
3才児検診で不正咬合を指摘されて受診される方がいらっしゃいます。
矯正治療を開始しなければならない症例はほとんどありませんが、
反対咬合(受け口)のみ、治療を開始する場合もあります。

・6才
6才臼歯という最初の永久歯が生える頃です。
早い方では矯正治療を始めることがあります。
あごの骨が成長してくる時期です。

・9才
混合歯列期といって永久歯と乳歯が混在しています。
第?期治療(骨格矯正)の時期です。
成長を利用して正しい歯並びに誘導します。

・12才
永久歯列期と呼ばれる時期です。
第?期治療(歯列矯正)の時期です。
骨格が大体完成しているため限られたスペースの中での
歯並びの調整となります。

子供の矯正について【1】

こんにちは。歯科医院ラブアンドティースの近藤です。

今回は子供の矯正についてのお話です。
子供の矯正は大人のそれと違い成長に合わせて
あごの骨の問題を矯正することができます。
あごの拡大が可能なため、歯を抜かないで治療できる症例も多いです。

治療を開始する時期についてですが、
早期発見は大事であっても早期治療は不必要な場合もあります。
親知らずによる歯並びの乱れを防ぐために、
親知らずが生える18歳まで担当の先生に定期的にチェックしてもらうのがよいでしょう。

次回は、定期検査をお勧めする時期のお話です。
どうぞご参考に...。

矯正治療で歯が動く仕組み

こんにちは、歯科医院ラブランドティースの近藤です。

矯正の装置を付けるとどうして歯が動くのでしょうか。
歯はとっても硬く、アゴの骨の中にしっかりと埋まっていて、
歯と骨の間には歯根膜というクッションのような組織があります。
歯へ矯正力を加えると歯根膜が骨に働きかけます。
骨は日々古い細胞が吸収され、新しい細胞へ作り変えられているので、
歯に矯正力が加わると歯の根によって圧迫された側の骨が吸収され、
歯は空いた隙間へ移動します。
そして移動することによってできた隙間には新しい骨が作られ、
結果として歯が移動していくのです。
骨の吸収と再生には人それぞれのペースがあります。
また、歯の移動は1ヶ月におよそ0.5?0.8mmで、
早く動かそうとして急激な大きい力を加えても急に長い距離は動きません。

フクロ歯科および歯科ラブアンドティースの矯正治療では
目立たないブラケットを使った治療
http://www.owl.gr.jp/treatment/02_01.html
裏側を使った見えない装置
http://www.owl.gr.jp/treatment/02_02.html
マウスピースによってストレスをかけない矯正治療
http://www.owl.gr.jp/treatment/02_03.html
などをメインに治療を行っています。

矯正治療について

こんにちは、歯科医院ラブランドティース の近藤です。

歯並びへの意識は国によって大きな違いがあります。特にアメリカでは肥満であると
管理職についけないと言われるほど、自己管理能力が厳しく問われるため、
歯並びも同じように重視される社会的風潮が日本より強くあるます。
日本では昔から八重歯は可愛らしいとい言われてきましたが、
最近では歯並びをきれいにして、見た目を整えたいと矯正治療を希望する人が増えてきました。
でも、矯正することの重要性は見た目を整えるだけではないんですよ。
歯並びを整えることで虫歯や歯槽膿漏を予防し、
さらに咬みあわせを整えることで正常なアゴの発育を助け、
ひいては全身の健康状態を良くすることができるんです。
矯正は見た目の美しさと健康の両方を良い状態へ持っていくために行うものなんですね。

フクロ歯科および歯科ラブアンドティースの矯正治療はできるだけ
目立たずに早く終わる矯正を目指しています。
詳しい内容は
http://www.owl.gr.jp/ortho.html
などからどうぞ!!

歯並びについて

こんにちは、群馬県前橋市
歯科医院ラブランドティース の近藤です。

皆さんは生きていくために、毎日食べ物を食べますね。
歯はそのためにとても大切です。野生動物は歯を失ったら生きられません。
噛むことは生きるために必要な事なのです。
食べ物を噛む「咀嚼(そしゃく)」は消化の第一段階です。
人は噛み切るための前歯と、すり潰すための奥歯を持っています。
これらがアゴの関節や舌などの筋肉の動きとスムーズに連動した「咀嚼」を行うには、
歯がきれいに並んでいる必要があります。
しっかりと噛むことは胃腸での消化を助けます。
幼い頃から歯並びへの意識を高め、食べたものをよく噛む習慣をつけることが大切です。
また、歯には食べ物を食べること以外にも色々な役目があります。
咬みあわせが悪いと頭痛や肩こりなどの原因となることがあるだけでなく、背骨の歪みによっては
お顔の印象が大きく変わることもあり、そこから劣等感を持つようなことになれば、
心にも影響を与えることになるのです。
このように歯にはとても重要な役割があり、きれいな歯並びは、
心も体も健康にしてくれると言ってもいいでしょう。

フクロ歯科および歯科ラブアンドティースの矯正治療は袋 晃子が担当しています。
詳しい内容は
http://www.owl.gr.jp/ortho.html
などからどうぞ!!

1

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
ページの先頭へ