群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ > 乳歯について一覧

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

美しい歯並びは子供のときから

フクロ歯科医院の衛生士の板垣です。

江戸時代の方に比べるとやわらかい食事が多くなっている現代人は
咬む回数がへり、顎が相対的に小さくなってきているそうです。
しかし栄養は良くなっているので、歯自体は大きくなってきているので
歯列の中に納まりきらなくなってしまいます。
つまり美しい歯並びを手に入れるためには、
アゴの発達が重要になります。
そのためには子供の時に良く噛んで食事をする、
しっかり遊んで体全体を鍛える、
よく遊んだらしっかりと休息を取るためにグッスリ眠る。
そんなシンプルな生活が結局は一番大切な要素となってくるのです。

フクロ歯科では子供の矯正治療に積極的に取り組んでいます。

http://www.owl.gr.jp/treatment/02_04.html

乳歯列には隙間が必要

前橋フクロ歯科医院 衛生士のマダム板垣です。

お子様の歯並びを見て、隙間があるので心配なさっている
お母様たちもいらっしゃいます。
ですが、決して心配はいりません。
乳歯列には隙間が必要です。
永久歯には乳歯よりもサイズが大きいですから、乳歯の時に均等で
十分な隙間がなければ綺麗な歯並びで生えてくることができなくなります。
良く噛んでアゴの発達を促し、美しい歯並びを目指しましょう。

フクロ歯科では子供の治療にも積極的に取り組んでいます。
また歯並びが悪くなってしまったお子様にも
小児矯正治療を行っています。
http://www.owl.gr.jp/treatment/02_04.html

乳歯と永久歯の違い

子育てもベテランになりました。フクロ歯科衛生士の板垣です。

乳歯はとても虫歯になりやすく、進行も永久歯より早いものです。
乳歯と永久歯の構造は基本的に同じと言えます。
両方とも表面のエナメル質、その下にある象牙質、
そして神経(歯髄)から成り立っています。
乳歯は永久歯よりもサイズが小さいために、
エナメル質や象牙質も薄くできているのです。

サイズが違っていても歯髄の大きさは変わらないので永久歯では
エナメル質や象牙質までで止まっているような虫歯でも、
乳歯では歯髄(神経)まで到達してしまう事が多いのです。
乳歯の虫歯の進みが早いと言われる所以はそこにあります。

お子さんの治療は大変ですが、我々が自身を持って
治療させていただいています。
またご家族の治療時には受付がお子様をお預かりするシステム
もございますので
http://www.owl.gr.jp/
よりご連絡ください。

1

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
ページの先頭へ