群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ > 歯ぎしりについて一覧

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

歯ぎしりの治療法

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の笛木です。


一般的に歯ぎしりの治療はあまり知られていません。
治療には大きく分けると
対症療法、噛みあわせ治療、矯正治療などがあります。

・一般的な対症療法
マウスピースやプレートなどの防止装置を使用し歯の磨耗、
夜間に発生させる音を防ぎます。
個人の歯型に合わせて製作する必要がありますが、
安価で時間がかからず、
周囲の苦情も少なくなるので
ある程度満足できる治療方法といえます。

お湯などで暖めただけできる簡易なものもありますが、
長期の使用に耐えられず、またかみ合わせを狂わせることも多いので、
歯科医院で制作する歯型に合わせた
医療用防止装置の使用が推奨されます。

・噛みあわせ治療
有効で基本的な治療です。
磨り減った歯や不正なかみ合わせを治すことで効果を得ることができます。
乱れていた噛みあわせを正しくさせながら時間をかけて治療すると概ね抑えることもできます。
ただし単に歯を削るだけでは治りません。顎関節の現状も考えながら
かみ合わせを装置上で再現して治療するのがベストな治療となります。


・歯軋り矯正
根本的に完治、改善させることを目的とした方法です。
負担をかけない装置と噛みあわせ治療などを併用して症状抑えてその位置を
矯正治療で再現していきます。
効果には個人差があります。

大多数の人は口の周りに症状が出ても
それが歯軋りや喰いしばりとは想像もつかないでしょう。
気がつかないと悪化の一途をたどり、
顎関節症や歯を失う原因となります。

フクロ歯科では、顎関節症の治療に準拠して行っています。
http://www.owl.gr.jp/treatment/07.html

不安を感じたらまず、歯科医院で

歯ぎしりと歯周病

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の笛木です。

歯ぎしりと歯周病は関係ないと思われがちですが、
実はすごく関係が深いんです!!
歯周病は歯ではなく歯の周囲の組織(骨や歯ぐき)が炎症を起こす病気です。
重度になると「歯槽膿漏」と表現され、常に歯茎から膿が出る状態になり、
強い口臭を発生させるほか、高い確率で歯を失ってしまいます。
直接的な原因は細菌による感染症ですが、
寝ている間に無意識に行う歯ぎしりや食いしばりは、
骨や歯茎に最もに負担をかけるため症状を急速に悪化させます。
重度の歯周病の人は、歯が抜けるほどの歯軋りや食いしばりをして、
歯ぐきに負担をかけているのです。

歯周病治療を劇的に治す場合は、体調バランスも整えなければなりません
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_05.html
スピード治療で歯周病を治します。

歯ぎしりと睡眠

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の笛木です。

日々の始まりには睡眠を十分得ることが大切です。
しかし、睡眠障害に悩む多くの人が、
良質な睡眠を十分に得ることができていないようです。
歯ぎしりも睡眠障害の中の一つです。
興味深いことに他の睡眠障害である、
いびき、睡眠時無呼吸症候群、寝言がある人は
歯ぎしりおよび浅い睡眠中に急速眼球運動を
発生するという共通点があるんです!!
いびき、無呼吸症候群、寝言をいう人の7割は
歯ぎしりをしている調査結果があります。

週に一回以上歯ぎしりをする人の
ほとんどに歯や顎などに何らかの症状が出ています。
これは性差には変化がなく、幅広い年代にみられます。

さらに、夜間目が覚めたり、
朝の頭痛が認められ、日中の眠気などの症状もあります。
更に歯ぎしりをする人の69%は、
精神的ストレス(悩み、心配性、うつ病など)を認めています。
その他にも歯ぎしりをする人は、アルコールを飲む、
1日6杯以上のコーヒーなどのカフェイン飲料を飲む、
タバコを吸う傾向にあるそうです。

どちらにしても健康にはよくありません!!


歯周病の原因としてもタバコは特別です。
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_06.html

歯ぎしりの原因

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の笛木です。

歯軋りの根本的な原因には、まだ不明な点が多く存在していますが、
現在原因とされているのは以下のようなものがあります。

・癖、心因性、ストレス性によるもの 
圧倒的大多数がこのタイプです。
ゆううつや不安など、潜在的心理的なものがあり、
歯ぎしり、食いしばりをすることによって
ストレスを発散させていると考えられます。

・習慣性によるもの 
職業、職種によるものなどです。
力を入れる職業に出るといわれていますが、
実際にはあまり関係がないと考えられます。

・内因性、咬合性によるもの 
噛み合わせの異常や顎の変位、不適合の金属冠などです。
咬合の変化によってより強く現れる傾向があるようです!

・その他 小児期にみられるもの
永久歯と乳歯の入れ替え時期におこる不快感など。
子供の歯ぎしりは問題ありません。

歯科医院ではストレスを取ることはできませんから
原因の治療はできません。そのためマウスピースなどを
用いた対症療法が治療の中心になります。
http://www.owl.gr.jp/treatment/07.html

歯ぎしりについて

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の笛木です。

人は誰でも歯ぎしりをすることがありますが、
毎晩の歯ぎしりや強い食いしばりは
単に眠りの妨げになるばかりでなく、
確実に歯や顎の関節を破壊してしまいます。
知覚過敏で歯がしみる程度ならまだしも、
放っておくと
磨耗して歯が割れる、折れる、歯周病が悪化し
歯が抜けるなどといった
歯を直接失う原困にもなるため注意しましょう。
特に音が激しく出るような歯ぎしりは治した方が良いでしょう。
 歯軋りはご存知のように睡眠中に顎を左右に動かしながら、
「ギリギリ」「ボリボリ」と騒さい音を発生させる特徴があります。
他人の睡眠の妨げとなると同時に、
自分では気づかない方がほとんどですから、
ご家族や身近にいる人に自分はどうなのか確認してみましょう!!

歯は細菌で失うより力がかかって抜けていく方が断然多いのです。
歯周病であればなおさらです。
普段から歯周病のメンテナンスで歯科に訪れることで
歯ぎしりなどの力による破壊の兆候を知ることができます。
http://www.owl.gr.jp/treatment/03_02.html

1

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
ページの先頭へ