群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ > セレックについて > CAD/CAM(キャド/カム)による歯の修復物について

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

CAD/CAM(キャド/カム)による歯の修復物について

前橋フクロ歯科医院 衛生士です。

CAD/CAMって聞いたことはあるけど・・・? って思う方も多いと思います。
「Computer Aided Design and Computer Aided Manufacture」の略で、
コンピューター支援による設計とコンピューター支援による製作を
行うシステムのことです。(簡単に言えばコンピュータが
削った部分を読み取ってセラミックの塊から歯を削り出す装置です)

工業界ではかなり前から一般的だったCAD/CAMという技術が
歯科業界でも普及し始めました。
コンピューターによるデザインでコンピューターによって
作り出される歯の修復物です。
手作業に拠らない、完成度の高いセラミック(歯科用陶材)の歯が
安価にスピーディーにできる時代となりました。
進歩ですね!

当医院でも最新のCAD/CAM技術を用いて製作するセラミックシステム
「セレック3D」を導入しました。
オールセラミック(金属を使用しない最新の治療法)
による修復をチェアサイドでの1回の診療で装着することもできます。

セレックについては
http://www.owl.gr.jp/treatment/04_06.html
で詳しくご説明しています。ご覧ください!!

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からのお便り フクロウ新聞 Love&Teeth maebashi-implant whitening youtube implant 診療予約
ページの先頭へ