群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ > 唾液の働きについて > 唾液の分泌が減少すると・・・

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

唾液の分泌が減少すると・・・

韓国ドラマ「太陽をのみ込め」にはまっている チーフの奥脇です。
さて、色々な役割を持つ唾液の量が少なくなると、
どんな事が起こるのでしょうか?
まず、虫歯や歯周病を引き起こす細菌の繁殖が抑えられなくなり、
歯磨きを一生懸命しても、虫歯や歯周病になってしまったり、
治りが悪くなったりします。
また、お口の中の悪玉菌が増加して、
口臭や口角炎などの原因になったりします。
特に唾液の量が著しく減少している事を
ドライマウス(口腔乾燥症)と呼びます。
ドライマウスは、ドライアイと同数の約800万人と推定されています。
男性よりも女性に多く現れやすい症状です。

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からの声 フクロウ新聞 Love&Teeth whitening youtube implant 診療予約
ページの先頭へ