群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ > 歯垢染色剤について > 染色剤を使用する目的

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

染色剤を使用する目的

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士の茂木です

歯垢(プラーク)は、歯表面に堆積付着したもので、
多量に付着している場合には、
見て分かるのですが、少量の場合には、
染めてみないと分かりにくいことがあります。
そこで歯垢の成分が、微生物と
その産生物などからなる有機質であることを利用して、
それぞれを染色して歯垢を簡単に
取り除く手助けになってくれます。

染めた後の色の濃さによって、歯垢の落とし易さや
最近付いたものなのかどうか、見分けることができます。
色が薄い→比較的最近付いた歯垢で歯ブラシでも簡単に落ち易い
色が濃い→最近ついたものではなく、
古い歯垢(プラーク)と呼ばれています。
普通の歯垢より硬く、歯ブラシで取るのは難しくなってきます。

歯を染めてみるだけでこんなにもいろんな情報や
自分の癖・歯磨きの意識が高まります。
皆さんも染め出しをして見ましょう。

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からの声 フクロウ新聞 Love&Teeth whitening youtube implant 診療予約
ページの先頭へ