群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 歯科衛生士ブログ

フクロ歯科医院

歯科衛生士ブログ

根の治療を途中でやめるとどうなるの?

こんにちは フクロ歯科 衛生士です

根管治療は実はかなり難しいのです。
なぜなら根の中は直接目で見ることができず、形も複雑なので
確実に炎症を取り除くためには回数がかかります。
いったん起きた炎症はすぐにひかないので、症状に合った
薬を何回か交換する必要があります。

治療中は歯に仮の蓋をしていますが、長期間治療を中断して
しまうと、蓋が取れたり、隙間から食べ物が入って中が汚れ、
痛みや腫れの原因となります。また発熱、頭痛、顎のあたり
まで痛む場合もあり、最悪の場合は抜歯しなくてはなりません。

歯を失わないためにも、治療中はできる限り定期的に通院してください。 

治療後に出てくる痛み

こんにちは フクロ歯科 衛生士

治療の時に、周辺組織(歯根膜など)が刺激されるため、
2,3日は痛みが出ることがありますが、自然と収まるでしょう。
しかし、歯根膜炎の場合に強い痛みがでるのは、仮の蓋をした
ことでウミの逃げ道がなく、根の中に圧力がかかるためです。
その場合は、早めに治療を受けてください。

一度根の治療が終わった歯でも、虫歯菌などの菌が入ると、
歯を支えている歯根膜が炎症を起こすため、痛みが出ます。
体調をくずしたり、体が疲れている時は炎症を繰り返したり、
痛みも出やすいです。強い噛み合わせやぶつけたりの外傷も
歯根膜炎の炎症の原因となります。

 特に、細菌に侵されてしまった感染根管の場合は、歯の周囲
の歯槽骨まで菌に汚染されています。
症状もおさまり、これで大丈夫と思っても、治療を終了してから
再び菌が活動を始めて再発することもあります。

根の治療について

こんにちは フクロ歯科 衛生士です

根の治療はとても大切です。
患者さんからは「またいつ痛みが出るか心配」
「何回も通って面倒・・・」「いつ終わるの?」と
敬遠されがちです。
歯の治療は、歯を失わないための大事な基礎工事なのです。

虫歯が神経の近くまで進んだり、根の病気になってしまった場合には
根管治療(歯の神経、根の治療)が必要になります。

一度感染した神経が元に戻るかどうかは感染の度合いと症状
によります。痛みを我慢して腐った神経をそのままにしていると、
さらに悪化してしまうこともあります。
我慢しないですぐ受診してくださいね。
健康な歯の土台となるのは、根の部分。
根の治療には根気と時間が必要です。

神経がある歯とない歯はの違いは、普段の生活では
不都合に感じるような大きな差はありませんが、
血管も一緒に取るので、栄養がいかず組織が硬くなるため、
弾力がなく、もろくなります。
また歯自体が変色することもあります。


むし歯治療については
むし歯の進行度による治療の違い
で進行度による治療法を紹介しています。

染色剤で染めた後のブラッシング

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士です

染め出しは上手に出来ましたでしょうか??
あまり染まらず綺麗に歯ブラシが出来ている人と、
全体的に染まってしまい上手に歯ブラシができていない人もいると思います。
どちらにしても、まったく染まらない方はほとんどいないと思います。
なので、染め出したあとは赤い部分を
しっかりチェックし、歯ブラシをしていきましょう。

出来れば、染め出した所はメモをとってチェックをし、
普段から意識をして磨けることがベストですね。

歯磨きの道具の準備、
☆鏡→歯ブラシが奥まで当たっているか・染め出しが落ちているか確認しながら磨いてください。
☆歯ブラシ→毛が開いていませんか?ブラシの部分が大きすぎてはいませんか?
☆フロス→歯ブラシのみで綺麗にするのは難しいので、歯間を磨く補助道具を使用しましょう。
☆歯間ブラシ→歯と歯の間が開いている方のみ、自分にあった大きさのサイズを使用しましょう。
☆タフト・プラウト→奥の歯・歯間・歯と歯茎の際を磨くのに適しています。

これらの道具を使用して、しっかり毎日のケアに励んでください。
虫歯ゼロを目指しましょう。

染色剤を使用する目的

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士です

歯垢(プラーク)は、歯表面に堆積付着したもので、
多量に付着している場合には、
見て分かるのですが、少量の場合には、
染めてみないと分かりにくいことがあります。
そこで歯垢の成分が、微生物と
その産生物などからなる有機質であることを利用して、
それぞれを染色して歯垢を簡単に
取り除く手助けになってくれます。

染めた後の色の濃さによって、歯垢の落とし易さや
最近付いたものなのかどうか、見分けることができます。
色が薄い→比較的最近付いた歯垢で歯ブラシでも簡単に落ち易い
色が濃い→最近ついたものではなく、
古い歯垢(プラーク)と呼ばれています。
普通の歯垢より硬く、歯ブラシで取るのは難しくなってきます。

歯を染めてみるだけでこんなにもいろんな情報や
自分の癖・歯磨きの意識が高まります。
皆さんも染め出しをして見ましょう。

歯垢染色剤の種類について

前橋フクロ歯科医院 歯科衛生士です。

では早速、今回は歯垢染色材の種類についてお話させて頂きますね。
歯垢染色材には液剤・ジェル・錠剤の物があります。

液剤・ジェル→綿球や綿棒で塗布する方法、
液剤を口腔内に直接滴下する方法、
液剤を薄めて洗口する方法があります。
錠剤→充分に咬み砕き唾液と混合させながら
舌を使って全歯面にゆきわたるように、
約30秒間ブクブクを繰り返します。

どちらの方法にしても、使用後は軽く洗口、
又はティッシュなどで軽く押し水分を取り除きます。
錠剤は、染め出す準備は手軽ですが、口腔内の操作を上手に行わないと
、臼歯部が染まりにくかったり咬み砕いた部分だけ濃く染まったりします。
液剤は、綿球や綿棒にたっぷり含ませ、歯、歯間部や
歯頸部にも塗布することができ、部分的には、
歯列ブロックや歯1本だけを染め出すことが可能です。

液剤と錠剤を比較してみると、液剤のほうが便利で確実な点が多いようです。
皆さんも自分にあった方で是非試してみてください。
普段気づかなかった磨き残しに気づくことができ、虫歯予防につながります。

ドライマウスって・・・

チーフの奥脇です。
ドライマウスの原因は、

1.薬の副作用
2.ストレス
3.糖尿病
4.更年期障害
5.シェーグレン症候群
6.腎不全
7.筋力の低下

などがあげられます。
予防のためには、こまめに水分を補給して、
クッキーなどの乾燥した食品や炭酸飲料や
カフェインの入った飲み物は避けましょう。
ガムや梅干などを食べると、唾液の分泌が促されます。
また、口呼吸をしていると口の中が乾くので、
口を閉じて鼻で呼吸するようにしましょう。
冬場は特に乾燥するので、加湿器などを置いて
湿度を保つ事も大切だと思います。

唾液の分泌が減少すると・・・

チーフの奥脇です。
さて、色々な役割を持つ唾液の量が少なくなると、
どんな事が起こるのでしょうか?
まず、虫歯や歯周病を引き起こす細菌の繁殖が抑えられなくなり、
歯磨きを一生懸命しても、虫歯や歯周病になってしまったり、
治りが悪くなったりします。
また、お口の中の悪玉菌が増加して、
口臭や口角炎などの原因になったりします。
特に唾液の量が著しく減少している事を
ドライマウス(口腔乾燥症)と呼びます。
ドライマウスは、ドライアイと同数の約800万人と推定されています。
男性よりも女性に多く現れやすい症状です。

体に大切な唾液の働きとは・・・

寒さが身にしみている チーフの奥脇です。
皆さんはお口の中の唾液について、考えた事はありますか?
元々あるものだから、深く考えた事ってありませんよね。
1日に分泌される唾液の量は、なんと約1.5リットルと言われています。
その唾液の役割には、

1.粘膜保護作用
2.抗菌作用
3.消化作用
4.歯の再石灰化
5.自浄作用
6.お口の中のpHを一定に保つ
7.飲み込みを助ける

などがあげられます。
また、唾液には、老化の原因になる活性酵素・フリーラジカルを除去する成分が
多く含まれているので、十分に分泌させることで、老化防止にも役立ちます。

滅菌作業の流れ

こんにちはフクロ歯科医院衛生士です。


<超音波洗浄器>>
汚染物質に一切触れることなく器具の洗浄を可能にすることが
できるようになりました
手洗いでは落としきれない治療器具の細かいよごれを
内部まで確実にきれいにします。      
薬液には血液などのタンパク質を分解し、ウィルスを
除菌することができるオロシドマルチプラスを使用して
いるので感染因子を大部分取り除くことが出来ます。

<速洗 洗浄/消毒機器>
給湯直結なのですぐに洗浄開始、
アルカリ洗浄標準コースであれば、最短10分、
汚染物質に一切触れることなく器具の洗浄を可能にすることが
できるようになりました。
1度除去した汚れによって、再び汚れてしまうことはありません。
速い洗浄で、診療の流れをスムーズにします。  


器具を個別にパック(汚れてしまったりすることがありません)

クラスBオートクレーブ滅菌(134℃ 90分)

EOガス(エチレンオキサイトガス)滅菌(7時間)

歯科用ハンドピース専用 
コンビネーションオートクレーブ滅菌器            
[ダック・ユニバーサル] (ドイツ シロナ社製)
治療に使用後の歯科用ハンドピース(歯を削る機械)には
様々な病原細菌やウイルスが存在している可能性があるので、
他の器具類と同様に滅菌をきちんと行う必要があります。
歯科用ハンドピースに存在している可能性のある微生物
(細菌やウイルスなど)がダック・ユニバーサルを使い滅菌をすれば、
すべて死滅しますので安心です。

? 内部洗浄 ?注油 ?外部洗浄 ?滅菌

全てをこの一台で、しかも全自動で行っていきます。
簡単に短時間でできるところがすごい!
滅菌の大きな特徴に「バックフラッシュ」という工程があります。
これは、飽和蒸気をハンドピース内部に強制通気させるシステムで、
外部だけでなく通常では洗浄できない内部に入り込んだ汚染まで
確実に滅菌することができる最新の機械です。  

消毒・滅菌について

こんにちはフクロ歯科医院衛生士です。

毎日歯科治療で使用する器具には唾液や血液が付着します。
たくさんの患者さんが来院するので、滅菌作業は時間と
手間がかかり大変です。
院内感染防止対策として、消毒滅菌を徹底しています。

滅菌とは、あらゆる細菌を消滅させ、感染源を完全に除去することです。
患者さんごとに使用する基本セット(ミラー、ピンセット、短針)は
一組ずつ滅菌パックに入れて滅菌、そのまま保管します。
お口に入れるほとんどの物、タービンはもちろん、綿やガーゼも滅菌しています。

紙コップ、紙エプロン、グローブ、ヘッドレスカバーは
ディスポーザブル(使い捨て)を使用してます。

フクロ歯科医院ではBクラスの滅菌器を導入しました!

<クラスBオートクレーブ  高圧蒸気滅菌器>
Bクラスとは 医科で使用されている大型滅菌器の規格に準じた、
あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる滅菌器です。
滅菌前にバキュームと蒸気の注入を交互に繰り返すことによって、
チューブ状の内部や、蒸気を細部の奥まで行き渡らせる機能を
備えています。 
従来の滅菌器よりもさらに厳しい基準である、ヨーロッパ基準で
最高ランク「クラス B」の性能を有するオートクレーブを使用して
器具の滅菌をしています。
滅菌パックで包装したものやタービンヘッド、インプラント器材の
滅菌に適しています。
Bクラスのオートクレーブにより患者さんはもちろん、医療従事者に
とっても安全・安心な診療を行うことができます。

<EOガス(エチレンオキサイトガス)滅菌器>
ゴムやプラスチック製品、チューブ類などの滅菌が
行えます。41リットルの容量があるので十分な量が確保でき、
外科用の器具を確実に安全に滅菌することができます。
作業環境測定士による測定が必要だそうです。
院長が資格を持っているので継続してEOガス滅菌を行えます。

前の10件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からの声 フクロウ新聞 Love&Teeth whitening youtube implant 診療予約
ページの先頭へ