群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 院長ブログ > 採用について一覧

フクロ歯科医院

院長ブログ

O先生

管理者が足りないと大騒ぎをしているわけですが、
そんな中、有望な方が現れてくれました。

FBFでハワイ在住のO先生が
日本に帰ってくる時間を今後は長くしたいので
やってもいいよと手を上げてくれました。
というわけで東京でご接待しながら
こちらの状態などをお話させていただきました。
初めて合う方ですが、FBでのイメージと同じで
本当に気さくな方です。

うちに来ていただけるといいなぁと思っています。

来週の月曜日に前橋に来ていただけることになったので
非常に楽しみです。

新人スタッフ

しばらく退職者が多かったので
さみしい思いがしていたのですが、
今年は2年ぶりに群馬県歯科衛生士学校から
新人スタッフとして福嶋 美久さんがきてくれました。
http://www.owl.gr.jp/staff/

007.JPG
高校時代はソフトボールをしていて
あのルネサスも見学に行った本格派
だったようです。
今後ともよろしくお願いします。

医師の数が足りない

歯科医師は多いのに、僻地を医療を行う医師や小児科医が足りない。
自治医大は僻地医療を行うために建て、防衛医大は卒業後の自衛隊参加を義務として建てられたものですが、自分の知り合いも含めて罰金?を払ってでも卒業後に僻地や自衛隊に行かなかった人もいると思います。
そのため私立の医大の費用を一部負担する代わりに、僻地医療を担保にしようという大胆な案も出てきているようです。
100億かかるといいますが、まあ箱物を建てるより、この方が経済的なことを考えた場合には理にかなっているかもしれません。
でも歯科大学の費用は当然出ませんよね!!

前橋フクロ歯科医院では、東京歯科大学千葉病院、東京歯科大学水道橋病院の協力型施設になっており、研修医を養成しております。

国家試験発表

歯科医師国家試験の成績が発表になり、今年は70%を割ったみたいです。
当院に来たいと言ってくれた研修医の先生から電話があってっ見事に合格したそうで一安心です。

一番気になるのは母校の成績で、今年も私立では、トップの成績なので胸をなでおろしました。
しかし例年通り悪い大学はやっぱり悪く、もう回復はできなくなっていると思います。

歯科医師になれない大学卒業者は歯学士という身分なのですが、
世間ではいちばんつぶしの利かない身分です。
大学関係者も卒業させたものの、格できない学生が多いと大変なのはわかりますが、
ここまでに数千万円のお金を拠出してきたご家族を思うと、
受験ではないですが、プロを雇ってでも現在の状況を回復させないとだめだと思います。
あるいは目がないのなら早くあきらめさせることも重要だと思います。

前橋フクロ歯科医院では、東京歯科大学千葉病院、京歯科大学水道橋病院の協力型施設になっており、修医を養成しております。

国家試験

今年の国家試験はかなり難しかったようで、このまま本当の成績のまま(底上げせずに)発表になると大問題がおこると言われています。

私の国家試験の2年前までは年に2回だったのが1回になり、私も苦労しました。
現在はさらに難問奇問も多くなっており、今の学生さんは本当に大変だと思います。

確かに歯科医師は過剰ですから、数は少なくする必要はあると思いますが、それを科挙のごとく1回の試験で判定するのは、現代にはナンセンスな感じがしています。

実際社会に出てからも、歯科医師は勝ち組、負け組の差がはっきりとしてきていますから、できるだけ合格はさせてあげて、医療サービスの頑張り度合いは患者様に判定していただく方がよいのではないかと思います。

前橋フクロ歯科医院では、東京歯科大学千葉病院、東京歯科大学水道橋病院の協力型施設になっており、研修医を養成しております。

研修医のマッチング

3月6日に母校の東京歯科大学千葉病院に研修医のマッチングのために伺いました。
これまで4年間で5人の研修医に来ていただいており、今年もと勢い込んで伺いましたが、卒業生の数が少ないことや同じ時間帯に有名な歯科医がいたこともあって、反応が少なかったのがちょっと残念でした。
千葉から群馬まで来ていただくのはやっぱり大変ですね!!
(その後に2名の先生が医院を見学にわざわざ来ていただきました)
前橋フクロ歯科医院では、東京歯科大学千葉病院、東京歯科大学水道橋病院の協力型施設になっており研修医を養成しております。

フクロ歯科医院での学習プログラム

108年の歴史があるからといって、決して形式張っている歯科医院ではありません。
院長はインプラント、副院長晃子は矯正やホワイトニングなどのスペシャリティを持っていますが、ほとんどの治療は一般治療を行っています。
勤務医には一般治療はもちろん、それらのスペシャリティもできるだけ短期間にノウハウとしてお教えするためにいろいろなプログラムやカリキュラムをため込んでいます。

その一つとして動画のマニュアルを作っています。
私も、今ままでもいろいろなノウハウを習うためにDVDなどを見てみますが、1時間や2時間のDVDを見続けるのはつらい物です。(ほとんど寝てしまいます)
こんな時みたい部分だけを短時間に繰り返し見ることができたら・・・・
動画マニュアルは自分の記憶メモリーを最大限に発揮できる手法として利用しています。
また、あなた方への技術伝承を簡単にできる方法として利用しています。

現在前橋フクロ歯科医院では、歯科医師、衛生士を募集しています。
教育プログラムも今後どしどし充実させて参ります。

衛生士の採用について

現在チェアー9台(ope用と新患用を除くと7台)でドクター3人、衛生士・准看護師で5人という体制です。
衛生士さんのPMTCが増えてきておりますので増床も予定しています。(2010年中)
できれば衛生士さんには一人一チェア(個室)というのが理想かなと思っています。

群馬県ではPMTCの普及がまだまだで、定期的にお口の管理をされている方への啓蒙も今一歩です。
我々フクロ歯科は群馬の予防のパイオニアになるべく、PMTC、除菌外来など予防に積極的に力を入れています。
ぜひ我々と一緒にその役を担っていただける方を探しています。

採用の基準については、
http://www.owl.gr.jp/recruit/
をご覧下さい。

隣接する歯科ラブアンドティースも歯科衛生士さんを募集しています。
http://www.loveandteeth.com/
をご覧下さい。

歯科医師の採用について

歯科医師は出来れば勉強熱心な方が大歓迎です。
院長の 袋 一仁は講習会にかけた費用は、群馬ではナンバーワンであることを自負しています。
(一番高いセミナーは半年で500万円かかりました)

いままではそれを自分の中にため込んでいましたが、今後はスタッフ教育のためにそのすべてをつぎ込んで参ります。
すでにこの4年間で5名の研修医がフクロ歯科医院 に来ていただいていますので、かなりのノウハウをため込むことが出来ています。
また将来的な開業を目指す方もパートナーシップの構築などで、お役に立てればと考えていますのでどうぞ気軽に見学に来てください。

採用の基準については、
http://www.owl.gr.jp/recruit/
をご覧下さい。

隣接する歯科ラブアンドティースも歯科医師を募集しています。
http://www.loveandteeth.com/
をご覧下さい。

スタッフの採用

女性スタッフの採用時の面接および合否は、女性スタッフでもあるチーフが行っています。
経営者からみる目と同僚として見る目は違いますし、男から考えるスタッフとしての資質よりもこの人が現在のスタッフの中にうちとけるかどうかを基準に選んでもらっています。
知り合いの有名な歯医者さんでは応募者数が多いからでしょうが、当たり?のスタッフが来るまで面接を繰り返しています、という先生もいます。
しかし当院の場合、モチベーションの高いスタッフが、周りを引き上げてくれると思っていますので、仕事熱心に打ち込む姿勢があれば大丈夫です。
人間の潜在意識はスゴいですから、目標が一致さえすれば、ほとんどの事ができるようになります。

採用の基準については、
http://www.owl.gr.jp/recruit/
をご覧下さい。

1  2

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 症例紹介院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からのお便り フクロウ新聞 Love&Teeth 矯正歯科 専門ページ 診療予約
ページの先頭へ