群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 院長ブログ > その他 > その他

フクロ歯科医院

院長ブログ

唾液の量が少ないと虫歯になりやすいのか

唾液は口の中の潤滑剤という機能の他に、酸性を中和する働きも持っています。
虫歯は口の中が酸性に傾くことで進行しますので、アルカリ性に戻す唾液は必要なものなのです。
また、酸性時に溶けだしたエナメル質を再石灰化したり、口臭を軽減する作用もあります。
自律神経や高血圧の薬を飲まれている方は薬の影響で、唾液の分泌量が減ってしまいます。
こういう方はガムを噛むなどして唾液の量を増やすことをおすすめします。

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 症例紹介 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からの声 フクロウ新聞 Love&Teeth maebashi-implant whitening youtube implant 診療予約
ページの先頭へ